平成30年2月14日~2月15日にかけて開催いたしました、
養護老人ホーム研修会の模様をお知らせします。

1日目は活動報告とグループワーク、2日目は講演が行われました。

活動報告
社会福祉法人徳風会 養護老人ホーム かるな和順
事務長 寺井 孝典 様

DEFC7B39-1E5A-486D-B138-37BB3A8C6B24

措置控え』の問題や、
養護再建Action 3(国政・都道府県・市町村への働きかけ)の必要性など、
全国老施協 養護部会の活動について、報告。






グループワーク
6グループがそれぞれのテーマに沿ったディスカッションや意見交換が行われました。

D50A3417-DB9A-43A4-855E-073A623D3226

テーマの結論を導き出すだけが目的ではなく、
テーマを超え、意見や悩み事を共有し、相談することや、ネットワークづくりが、今回のグループワークの目的です。

24F9B549-8F8B-43E6-B448-4DB1398E8665

北海道老施協が実施する
養護老人ホームの職員だけが集う研修は本研修だけであり、
参加者の皆さまにとって有意義な時間になったのではないでしょうか。

48FE6F85-CD0D-4E14-9375-EA7081F89C34






講演
東洋大学ライフデザイン学部生活支援学科
准教授 高野 龍昭 様

FF86E44D-DD78-4581-A706-7B37BE8955D6

養護老人ホームの特性を踏まえた利用者の生活支援について』をテーマに、①地域包括ケアシステムとは②介護保険制度の行方③養護老人ホームの課題を軸に、利用者の生活を守るためには、専門的支援・ソーシャルワーク・居住支援、各機能強化(向上)の必要性について、ご講演をいただきました。






主催者挨拶にもありました通り、本研修は昨年9月10日・11日の開催を予定しておりましたが、胆振東部地震の影響により延期となりました。また、インフルエンザ流行の影響で、参加者数は前年度の60%ほどとなりましたが、参加者の皆様につきましては、ご多忙の中ご参加いただきありがとうございました。

広報委員 三田