平成30年11月14日、小雨降るここ札幌で平成30年度認知症介護実践リーダー研修「報告とまとめ」が行われました。
 8月から開催されている「認知症介護実践リーダー研修」ですが、胆振東部地震の影響で日程が変更になりながらも、9日間の講義・演習、2日間の他施設実習、18日間の自施設実習、本日の発表と長期間に渡る研修となりました。

 P1030684この「報告とまとめ」では、自施設の現状に対して課題を抽出、到達目標を定め、アセスメント事例の検討・実践を通しての結果、考察・今後の課題について、持ち時間一人7分ではありましたが、緊張感や熱意が伝わる発表となりました。

 実習を通し、自施設のケア・実践の場面の中で「援助者のものさし」でとらえてしまっていた、認知症の共通理解の大切さを改めて知る機会となった、職員と利用者の気持ち・思いに違いがあるなど受講者の皆さんからは多くの気づきにつながったという報告がなされました。

 自施設の課題抽出や研修を受けていない職員に伝え実践につなげるということは、とても大変なことではありますが、受講者自身が講義や演習での学びをしっかりと理解され実習に取り組まれたことが感じ取れる素晴らしい発表でした。P1030679

 P1030686発表終了後は、認知症介護指導者である特別養護老人ホームしゃくなげ荘 山本 進施設長より全体講評をいただき、受講代表者1名に修了証が授与されました。

 P1030691受講者の皆様からもこの研修がゴールではなく、この学びを今後の仕事に生かしていきたいという力強い発言もあり、本日34名が認知症介護実践リーダー研修を修了し、各施設で活躍されることと思います。受講者の皆様さいごのさいごまでお疲れさまでした。
P1030693

【広報委員のひとりごと】
 毎年認知症介護実践リーダー研修の取材はさせていただいておりましたが、初めて修了記事を担当しました。開催時と受講者の雰囲気はかなり違い、長期間に渡り同じ目標を共有した仲間ならではの連帯感を感じました。リーダーは時に孤独になります。この研修で一緒に学んだ仲間は財産だと思いますので、今後も情報交換をしあう関係を継続して作って欲しいと思います。本当に素晴らしい発表でした。お疲れさまでした。

 広報委員 村山