会場風景
去る10月30日、札幌市 京王プラザホテルにて、全国老施協21世紀懇談会 “ 現場発信の集い 2018 ”が開催されました。

三者コラージュ
最初に全国老施協会長 石川  憲 様から、開会のあいさつの中で、全国老施協理事であり、去る10月26日に自民党の公認を頂き、全国介護政治連盟と全国老施協から推薦を受け来年の参議院選挙に出馬される“かくた 充由 ”様を紹介。
角田候補を必ずや国会に我々の力で送り届け、現場の声を国政に反映できるよう協力と支援を呼びかけました。
また、全国老施協副会長 木村 哲之 様から趣旨説明、全国介護政治連盟会長 工藤 妙子 様から熱い応援のお言葉を頂きました。

そして、本日の主役こと全国老施協理事 かくた 充由 様のご登壇。
かくた充由候補

かくた様
より本日参加された会場の皆様に対し、「20歳から20年間介護現場での経験を通じて知り得た、年々厳しい状況に置かれて来ている現場の課題等を踏まえ、現在と将来に向けた介護と福祉を本当に良くするため、ご尽力されてきた諸先輩や皆様方による新しい息吹をぜひ引き継いで、持続可能な福祉社会を現場の声と共に国政に持っていき、必ずや皆さんの期待に応えられる様、最大限働かせて頂くので、ぜひ皆様のご協力をお願いしたい!」と力強い決意表明を演説され、会場からも大きな拍手と声援で応えられておりました。

徳永憲威委員長そして、全国老施協 全国21世紀委員長 徳永 憲威 様のご発声により、参加者全員で必ずや来年の参院選で、かくた様を国政に送る様全員が一丸となって応援協力致す事を決意表明。

大山智子養護部会長・後援会長最後に全国老施協 養護老人ホーム部会長かくた候補の全国後援会会長である、大山 知子 様より後援会会長の立場から改めて皆様に角田候補への応援とご協力をお願いし、終始会場内は熱い熱気で満たされておりました。
エール


 広報委員 谷越