第5分科会は、『入居者とともに地域を創る 軽費・ケアハウスの取り組み』をテーマに11施設の発表が行われました。発表内容の一部、そして受賞結果について報告いたします。

Image-1

『地域包括ケアシステムにおけるケアハウスの取り組み~我が事 丸ごと みな他人事 からのスタート~』
大阪府堺市 ケアハウスゆーとりあ 
介護職員 武口 真 様

国レベルでの地域包括ケアシステムの構築が急速に進められる中、自施設の現状から取るべき行動について考え、実行した取り組み。

IMG_6698

『いってらっしゃいませ ~地域を知って居場所を見つけた~』
北海道札幌市 社会福祉法人栄和会 ケアハウスやすらぎ
計画作成者 多田 祥子 様

ケアプランが出来ないこと(ケア)中心となっていることに気づき、包括ケアを意識したインフォーマルサービスの活用を開始した取り組み。

IMG_6726

第五分科会の受賞研究

優秀賞
『ケアハウスでの看取りから ~終の棲家になりえるために…~』
山口県光市 特定施設入居者生活介護・ケアハウス ひかり苑
生活相談員 吉永 雄史 様

奨励賞
『生活困窮者の受け入れ~ふくおかライフレスキュー事業の活用~』
福岡県糸島市 軽費A型 軽費老人ホーム師吉荘
主任生活相談員 神代 菜実子 様

奨励賞
『地域包括ケアシステムにおけるケアハウスの取り組み~我が事 丸ごと みな他人事 からのスタート~』
大阪府堺市 ケアハウスゆーとりあ 
介護職員 武口 真 様

受賞者の皆様、おめでとうございました。
また、惜しくも受賞を逃した発表もどれも素晴らしい内容でした。
参加者の皆様、大変お疲れ様でした。

広報委員 三田