第三分科会は「人づくり」をテーマに、19の事業所から研究報告がありました。業界全体の課題となっている人材不足の現状から、採用した職員の育成・定着における研究や外国人介護職の受入れ、ロボットスーツHALの導入・活用による業負担軽減化など、様々なアプローチについての報告がありました。
その一部について、ここでご紹介をさせていただきます。

 CIMG2686


K(“感謝”“感動”“カッコイイ”)伝えます~未来の介護人材発掘~

特別養護老人ホーム 南幌みどり苑(北海道)

主任生活相談員 山崎 博司 氏


人材不足の要因となっている介護に対するマイナスイメージを改善すべく、介護職がテーマの映画の自主上映会を開催。その魅力や素晴らしさを地域に伝えることで、未来の介護人材づくりを目指した取り組み。


外国人財と介護現場の懸け橋になるために~新たな人財と現場職員がイキイキと働く環境づくり~

特別養護老人ホーム 今羽の森(埼玉県)

欅ユニット介護職 池田 柊哉 氏

外国人介護職が現場で不安に感じる点などをアンケート調査し、職員間のコミュニケーション等のアプローチにおける工夫を行うなど、日本人職員も含めお互いが安心して長く働き続けることができる環境づくりについての報告でした。


つながりを大切に ALL FOR ONE  ONE FOR ALL

特別養護老人ホーム大慈弥勒園

施設長 坂本 和恵 氏

福祉の仕事は成果が見えにくい。職員のモチベーションを向上すべく、各事業所での取り組みを報告するレジェンド発表会や、仲間からの感謝の想いを伝える職員オブ職員選手権など、働きがいを可視化した取り組み

CIMG2683


第3分科会の受賞研究

優秀賞
地域包括ケア時代における介護人材育
~行政・高校・施設・養成校の共同による還流型介護人材育成の取組み~
特別養護老人ホーム 鷹栖さつき苑(北海道)
施設・在宅サービス事業部長 尾上 健介 氏

CIMG2690


奨励賞
3K(“感謝”“感動”“カッコイイ”)伝えます!
~未来の介護士人材発掘~
特別養護老人ホーム 南幌みどり苑(北海道)
主任生活相談員 山崎 博司 氏

奨励賞
新人教育プロジェクト
~新人の働きやすい職場を目指して~
特別養護老人ホーム 旭水荘
介護職員 清水 勇貴 氏

北海道が優秀賞と奨励賞をダブル受賞!
みなさん、おめでとうございます!

広報委員 市川