10月5日・6日の2日間に渡り、羽幌町にある“羽幌温泉サンセットプラザホテル”にて、道北地区老人福祉施設協議会が主催する、介護職員研修会が開催された。

会場風景
最初に、道北地区老施協 杉野 勝美 さま、そして担当施設である、羽幌町特別養護老人ホームしあわせ荘 施設長 米谷 日登美 さまよりそれそれ挨拶を頂いた。
杉野道北会長米谷施設長







挨拶の中で杉野会長からは、介護職員処遇改善に係るこれまでの推移と今後についての説明の他、ある施設職員の傷害事件を例に、きれいごとだけでは済まされない状況がありつつも、決して一線は越えはいけない様、仲間と協力して務めて頂きたいと話され、また米谷施設長からも本日の研修会で学んだことが明日からの活力の一助になる様にと、参加者を激励された。

次に、北海道総合福祉研究センター 理事長 五十嵐 教行 さまを講師に招き、『介護スタッフのやる気を喚起するポイント』と題し研修が行われた。
五十嵐講師
この業界を目指して入ってきた方々の多くは、最初はやる気満々であった。 しかし時間の経過の中で、様々な理由や事情により、徐々にやる気を削がれてしまった方もいる。その原因と思われる環境因子を調査すると、実は持っていた“やる気”“誰かに奪われている可能性”が見えてくる。今回はそれをテーマに以下のとおり講演された。

1 スタッフがやる気をなくす本当に理由
 ・「やる気」とは何か。それを支える「目的意識」とは。それを奪うものとは。
 ・「プラス思考」「マイナス思考」のメリット、デメリット。
 ・「やる気」を奪う悪魔のコトバとは。
 ・悪魔のコミュニケーションの特徴
 ・「やる気」を奪う雰囲気
 ・“公正”と“公平”な組織とは。

2 「プラス思考」による会話=天使のコトバ
 ・「プラス思考」を手に入れるための方法
 ・天使のコミュニケーションの特徴とは
 ・正しい評価の実践。相手が素直に受け取れやすい言い方とは。

3 自分とスタッフの「やる気」を伸ばすための、ほめ合う風土の醸成
 ・自然な相手への誉め言葉とは。「ほめる技術」を身につける。

GW全景その後今回の研修内容と五十嵐講師の指導のもと、参会者が互いに自然な褒め訓練を実施。最初ぎこちなかった空気もまもなく笑顔と笑いに変わっていった。

最後に五十嵐講師から、“自分の何気ない言葉が、相手を嬉しくさせているか傷つけていないか。この自分の言葉に目を向けて頂く事が大事。良い職場環境についてトップから新人まで話し合いきづきあげて下さい”とエールを送り、会場も拍手で応えていた。

2日目は、担当施設である特養 しあわせ荘の施設見学会を実施。しあわせ荘スタッフの説明を通じ、お互い盛んに情報交流が行われていた。

最後に今回の研修を担当されました、羽幌町特別養護老人ホーム しあわせ荘 米谷施設長さまを初めスタッフの皆様方、本当にお疲れさまでした。


広報委員のひとりごと

“会話は言葉のキャッチボール。相手に投げかける内容一つで状況が変貌する。”“口が悪いからと自戒しながらも変わりない言葉を発すれば確信犯。”対人関係については、昔から様々なことが言われてきた。今回の研修にあった様に、今一度自分も言葉を見つめてみたいと思った。

五十嵐講師書籍
※今回の研修内容の他、より詳しく知りたい方は、五十嵐講師の書籍が出ておりますので、ご紹介します。

“介護スタッフを 自らやる気にさせる!のばす!”

 著書 五十嵐 教行氏・間 裕子氏
 日総研出版 定価 2,800円(税別)


 広報委員 谷 越