蒸し暑さが残る秋晴れのここ札幌で9月26日から平成29年度認知症介護実践リーダー研修が開催されています。

今年度は研修内容が改正され、ケアチームにおける指導的立場、ケアチーム作りの習得にさらに重きを置いた内容の本研修。今年度は全道各地から38名の参加をいただきました。この研修は9日間の講義、自施設実習、まとめ発表まで約2ヶ月に渡る内容、緊張感あふれる初日午前の講義の様子をお知らせします。

 前半は、特別養護老人ホーム鷹栖さつき苑 波潟幸敏施設長による、「認知症介護実践リーダー研修の理解」と題して、チームにおける認知症ケアを推進する実践リーダーの役割と研修科目との関係性を踏まえての研修概要の把握。研修参加者の実践リーダーとしての自己課題をグループワーク等で確認し、この研修における学習目標を明確にするという講義でありました。
[画像:a655ea25-s.jpg]

 後半は、北広島メンタルクリニック 穴澤龍治院長による、「認知症の専門的理解」と題して、認知症の原因となる疾患別の中核症状と行動・心理症状(BPSD)、認知症治療薬や行動・心理症状(BPSD)に適応する薬物の主な作用と副作用、認知症の原因疾患毎の特徴を踏まえた上でのケアのポイントや留意点についての講義をいただきました。
[画像:73278ed0-s.jpg]

 グループワークを重ねるごとに緊張感が少しずつほぐれ、さすがはリーダー研修、話し合いの場面では意識の高さが感じられた初日となりました。38名全員が体調を崩さず修了証を手にできるよう頑張ってください。

広報委員 村山