去る1月20日、ホテル札幌ガーデンパレスにて、北海道老人福祉施設協議会 定期総会が開催された。
総会風景瀬戸 雅嗣 北海道老施協会長の挨拶後、本会の議長選出に移り、特養 ニセコハイツ 平島 義彦 施設長が選任、本日の議事が進行された。議事の内容は、平成29年度の事業計画(案)と会計収支予算(案)が議案として上程。

次年度新たに、介護助手の分野で地域人材を活用する一連の活動を、道内3管内で実施する労働環境改善事業についてと、平成30年度全国老人福祉施設研究会議(北海道会議)の、企画運営等に関る事業を盛り込んだ各計画(案)についての説明がなされ、提案通りの内容で承認された。

波潟新副会長高野新副会長 







 また今期役員の任期満了に伴い、杉野 勝美 道副会長並びに津田 利幸 道副会長が退任される事となり、次期役員の改選について規定に従い選任委員会にて審議。結果、特養 鷹栖さつき苑 波潟 幸敏施設長と特養 エンルムハイツ高野 裕和 施設長が選任され、総会で選任同意された。
その後、最初に司会から新たに就任が決定したお二方を紹介し、就任のあいさつがなされた。

津田副会長杉野副会長










また、長年に渡り北海道老施協の運営にご尽力を賜れた杉野副会長と津田副会長お二方からご挨拶を賜り、会場からも長年渡るお二方のご功労に、大きな拍手が送られた。 

 杉野 副会長さま、津田 副会長さま、本当に長年に渡りありがとうございました。


  広報委員 谷 越