平成28年9月8日~9日と2日間にわたり開催されました、
平成28年度 北海道老人施設協議会 軽費老人ホーム・ケアハウス研修会
について、ご報告いたします。

主催者である、北海道老人福祉施設協議会
副会長 津田 利幸 様
軽費ケアハウス①

軽費老人ホーム・ケアハウス合同検討委員会
委員長 川畠 教孝 様
軽費ケアハウス②

各位より挨拶を頂き、開会。

1日目は
北海道保健福祉部高齢者支援局高齢者保健福祉課
高齢者計画推進グループ主幹 岡本 敏博 様より、
軽費ケアハウス③

軽費老人ホーム・ケアハウスの現状と北海道の展望』について、ご説明頂きました。

H28.4月現在、北海道では123施設(定員6,088人)が設置されている。圏域ごとの整備状況としては、定員数において札幌市を含む札幌圏域が1,850人で最多となっているが、65歳以上人口に対する整備率でみると、苫小牧市を含む東胆振圏域、次いで深川市を含む北空知圏域で整備が進んでいる状況である。

軽費老人ホーム・ケアハウスの抱える主な課題は、
入居者の要介護度の重度化』、『多様な支援ニーズを抱えた入居者の増加』、『低所得層の入居者の増加』である。『入居者の要介護度の重度化』への対応の1つとして、特定施設化があげられ、北海道はすでに特定施設化が進んでおり、北海道内にあるケアハウスの約4割が特定施設の指定を受けている。これは、全国平均を上回る数字である。その他の課題に対しても、社会福祉士や精神保健福祉士など専門資格を持つ職員の確保やソーシャルワークスキルの向上、介護ニーズに対する職員の確保や低額なサービス付き高齢者向け住宅や有料老人ホームとの差別化、が対策として今、すすめられている状況である。

また、これからの軽費老人ホームのあり方として、
従来の低所得高齢者への支援を主要な役割とし、可能な範囲で要介護高齢者への支援を行い、社会的援護を要する高齢者への支援を、地域のニーズに合わせて実践することで、社会福祉サービス付きの住まいとして地域住民から選ばれる施設になることが求められているとの報告でした。

続いては、グループワーク
北海道老人福祉施設協議会 軽費老人ホーム・ケアハウス合同検討委員会委員の皆様方による進行のもと、事前に参加者の皆さま方より提出された、希望テーマに沿った討議が行われました。

軽費ケアハウス⑥軽費ケアハウス⑤

ここでは軽費老人ホームやケアハウスで働く参加者の皆様方が、
日頃、現場で抱える課題や疑問、実際の対応事例をふまえながら、闊達な意見交換の場となりました。

軽費ケアハウス④軽費ケアハウス⑩

研修2日目

この日は、officeエトス代表 一般社団法人 日本アンガーマネジメント協会
アンガーマネジメントシニアファシリテーター 岡本 真なみ 様を講師に招き、
軽費ケアハウス⑦
職場で生かす怒りのコントロール術~アンガーマネジメント~』についてご講演頂きました。

アンガーマネジメントとは、
”怒る必要のあることは上手に怒れ、怒る必要のないことは怒らないようになること”であり、
その方法として、怒りの感情を理解し、私たちを怒らせる正体は何かを知り、自分の怒りの傾向を把握することで、後悔しない怒り方を実践するため、演習を交え講演頂きました。

軽費ケアハウス⑨

怒りとは、感情表現の一つであり、人間としてなくす事の出来ない感情の一つ。アンガーマネジメントとは、怒らないようにする事が目的ではなく、コミュニケーションを図るうえで、本気さや熱意を相手に伝える手段である良い効果と、かえって、意図を伝わりにくくしてしまう悪い効果を理解し、怒りの感情を有効に活用する方法である。

アンガーマネジメントの目的は、『怒らなくすること』であるとのイメージを持つ方も多いが、怒りの感情をコントロールし上手に使うことができれば、感情をこめて自分の気持ちを相手に伝える事ができ、より密度の高いコミュニケーションが行えるようになることである、と学ぶ講演となった。

~広報委員のひとりごと~
私たちは、日々、ご利用者、ご家族、その他様々な方とのコミュニケーション場面が多くあります。相手の気持ちを良く理解し、自分の感情を上手に表現することは、より良いケア・サービス提供に必要な事であり、ご利用者の生活の質の向上につながっていくものであると感じました。また、職場においても、良好な人間関係を築き上げるために、今回の講演にて学んだ『3つの暗号』を心に留め、日々精進してまいりたいと思います‥。

広報委員 三田