第4分科会は、『地域』『デイサービス』をテーマにした発表報告をいただきました。

『地域ネットワークを活かした入所者の安全対策~徘徊・帰宅願望への取り組み』
特別養護老人ホーム 中標津りんどう園
介護副主任  小嶋 乃里江さん
相談課長   佐崎 正臣さん

002

入所間もないご利用者様について、離園という事例から、利用者理解、「気づき」「見える化」、また、地域ネットワークの構築による近隣住民の協力を得た見守り体制のもと、安全対策について取り組んだ内容についての発表。



『介護予防教室「えがお健康体操教室」での取り組み~地域貢献事業から~』
特別養護老人ホーム 芦別慈恵園
作業療法士 中尾 亮介さん

008

地域に暮らす人々に対し、住み慣れた場所でより長く暮らして頂けるよう、体操や知識を紹介するために介護予防の教室として始めた「えがお健康体操教室」についての発表。



『理念に基づく3つの取り組み~福祉を通じて明るく豊かな地域社会を~』
特別養護老人ホーム  かおる園
在宅推進係長 本田 真奈美さん
介護職員 滝元 大二朗さん

010

地域の方から譲り受けた民家を利用して、
①ご利用者様が施設から離れて過ごせる場所づくり(逆デイサービス)②介護の担い手をつくる為の実習内容の見直し③地域と施設が協力し合えるコミュニティーづくりについて取り組んだ内容についての発表。



『これからの社会福祉法人が目指す、あるべき特養の姿~特養におけるアウトリーチ機能~』
特別養護老人ホーム 帯広けいせい苑
介護職員 長代 裕樹さん
介護職員 七海 忍さん

015

多職種での情報共有や連携を図り、特別養護老人ホームのアウトリーチ機能を発揮する事により、安心した在宅生活を送るための「特養としての役割」とは何かを検証した内容について発表。



『自信がついた!!~在宅生活継続の一環を担った事例~』
デイサービスセンター 栄町
介護福祉士 和田 涼太さん

021

認知症による中核・周辺症状が見られるご利用者様と主介護者である夫に対して行ったアプローチと、ご本人と夫の変化、関係性の構築についての発表。


どの発表においても、ご利用者様やそのご家族、地域の皆様とともに行われた、既存になく、時には制度を超えた、様々な発想やアプローチが組み込まれた、大変すばらしい内容であったと思います。
発表者の皆様、大変ありがとうございました!!

広報委員 三田