今年の研究発表会が閉会して2ヶ月も経ってしまいましたが、優秀賞5発表のデータが北海道老施協のホームページに掲載されていますのでぜひご覧ください。
スライド1
今回の優秀賞は

第1分科会 自立支援介護による認知症ケア その実践と考察~修復された家族との繋がり~」特別養護女満別ドリーム苑  園生 道也 さん

第2分科会 転倒予防教室が参加者のストレス度合いにどのような影響を与えるのか?~「ストレス」を数値化し、事業参加を有意義にするための工夫につなげる~」札幌市東区介護予防センター伏古本町 豊嶋 優允 さん

第3分科会 5本指ソックスで転倒予防~履物で人生は変わる~」特別養護老人ホーム芦別慈恵園  和田 直樹 さん

第4分科会 新しい技術の介護現場への導入~人の動きを知ることで持ち上げない介助が可能となる~」介護老人福祉施設月寒あさがおの郷  大浦 孝之 さん

 
第5分科会 「語るだけ・聞くだけ」~語り部クラブで利用者が導く先~」やすらぎデイサービスセンター  多田 祥子 さん

優秀賞を受賞した5発表は、北海道ブロックからの推薦者として、11/25-26に香川県で開催された全国老人福祉施設研究会議(香川会議)にて実践発表されました。

香川会議では、特別養護老人ホーム芦別慈恵園の和田直樹さん『5本指ソックスで転倒予防~履物で人生は変わる~』が奨励賞を受賞しました。
その他にも、特別養護老人ホーム静苑ホームの橋本抄苗さんの発表『OB会設立!!~施設愛からのプロフェッショナルボランティア~』が奨励賞を受賞しています。
おめでとうございます。

ぜひ、来年度の北海道の研究発表会にも沢山の発表のお申し込みを、お待ちしております!!

北海道老施協 事務局