9月13日(金)18時
2週間、8日間、57時間にわたる認知症介護実践リーダー研修の講義・演習が終了しました。
「演習内容を自施設でやりたい」、「演習をしていて早く自施設の職員の顔がみたくなった」、「チームワークの効果は個人の力の倍になることを実感した」等、受講者から、大変だったけれども手ごたえが持てていることが感じられました。
今後、24名の受講者は4週間の自施設での実習において学んだことを実践し、3日間他の施設を訪問し実習を行い、11月12日(火)にその成果を報告します。
講義・演習で1日ずっと机に向かっていることが現場職員の受講者にとっては長かったと思いますが、再来月の「報告とまとめ」までの期間も短いようで長く、長いようで短い期間ですので、体調に気を付けつつ充分に時間を活用してください。
Powerpoint も気負わず取り組んでくださいね。
この8日間で道内各地にできた横のつながりも大切に、11月、24名揃って報告いただけるのを楽しみにしています。

北海道老施協 事務局

DSCN1875
 講師の先生を床に寝せるなんて…今年度の受講者の皆さん、”さすが”です。
 山本先生、ありがとうございます。