【ケアの向上の取組】としまして、第4分科会の発表の一部をご紹介いたします。

稚内市養護老人ホーム富士見園 齋藤真由美様・堀洋子様の『THE養護老人ホーム〜現代の養護老人ホームが抱える問題と向き合う』は、自立から要介護5までの身体状況の他、精神疾患や認知症、知的障害など、様々な事情を抱える入居者が生活をする現在の養護老人ホームを巡る現状と課題への取組みについて、具体的な事例で発表がありました。今後の課題として、①セーフティネットとしての役割 ②待機者減少と定員割れ ③専門性の高い見守り支援を挙げ、地域社会における多様性に応える養護老人ホームのあり方について考えさせられました。

軽費老人ホームケアハウス藤花 松浦佳淑様の『からだが動けば心が動く!』は、入居者の自立を目標に、「介護予防」と「健康維持」、「引きこもり防止」に取り組み、一人ひとりが主体的な生活を過ごすべく活動を行なってきたが、実施後の課題として、職員の関わりで活動はするが自身の生活行為に結びついていないのではないかとの気付きがあり、入居者が主役の参加型イベントを提案するなど取組を行なったと発表がありました。意識の変化から、いきいきと生活を過ごす入居者の姿から、入居者と職員が一緒にケアハウスでの生活を創造することの大切さについて話されています。

規制緩和による高齢者入居施設の増加など、大変に厳しい経営状況の中で、ケアハウス、養護老人ホームともに、入居者の重度化や多様化に対応すべく、様々な課題に取り組んでいます。高い専門性を有する新しい生活施設としての機能について知ることができる、貴重な発表をありがとうございました。

広報委員 市川