1日目の午前中は、『生活支援のための認知症介護』と題して、①倫理と認知症介護について、②制度の枠組みと倫理について、③実践と倫理について、そして④基本理念と倫理についてを学んでいます。


IMG_8511










まず初めに、平成21年1月に北海道老人福祉協議会が策定した『倫理綱領』をよく読んでいただきたいと参加者全員に『倫理綱領』が配布されました。



介護サービスは制度に基づくサービスです。“かくあらねばならない”という“行動規範”に基づくサービスであり、法的・倫理的責任と制裁がある。

この研修は、認知症介護に携わる実践者として、さらに実践者を指導する立場として認知症の人の「存在」と「尊厳」をまずは理解しなければならない、とこれから講義が進んでいきます。


                                  広報委員 寺井