18  カントリーミーティング2日目の様子をお伝え致します。 プログラムの初めは、~シンポジウムおよび総合ディスカッション~として、昨日4つの分科会でまとめられたものを発表しました。 経営分科会、介護分科会それぞれ現状や課題をわかりやすく解説し、次につながる提言等様々な報告が行われました。 発表を聞くうちに昨日の三瓶会長の助言を思い出しました。 【人が人に関わることの大切さを実践するためには真似て、覚えて、悟る、そしてそれを目の前の利用者様の幸せのために活かして欲しい。 利用者様を想うという気持ちをさらに優しく、深みを増すのは私たちの専門性である】、という部分でした。  この発表を通して、その人の尊厳を保持していくということはどのようなことなのか、人に向き合うとはどういうことかを改めて考える機会になったのではないでしょうか。


                                   広報委員  佐々木