image  先般開催されました第一回幹事会開催前に、北海道保健福祉部福祉局施設運営指導課より標記の節電等への対応についてご説明がありました。 北海道においても今夏の電力需要は厳しい状況であり、社会福祉施設においても、対一昨年比7%以上の節電が要請されているとのことであります。 ただし、利用者様の生命、健康管理、安全確保の観点から無理な節電を求めるものではないとの説明がありました。 昨年(平成23年6月20日)厚生労働省から示された『社会福祉施設等の節電行動計画フォーマット』を活用して、無理のない範囲での節電対応をお願いしたいとのことでありました。 
【参照】http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001e7du.html

上記のサイトを参照して頂き、それぞれの施設で節電に努めてみてはいかがでしょうか。 

※節電を意識するあまり、安全上及び管理上不適切な対応とならないように、十分注意しながら取り組みを進めることが重要です。 

                             広報委員  佐々木