12月6日(火)にスタートした平成23年度認知症介護実践リーダー研修が12月16日(金)をもって講義が終了いたしました。合計8日間+外部実習3日間+自施設実習4週間+報告とまとめ(1日間)とかなりのハードスケジュールではありますが、大きな山場を一つ越えました。研修最終日には報告とまとめ(2月10日)の説明を事務局より行い、道老施協の報告とまとめは一人づつ前に出て10分間で自施設実習を振り返るという課題が出ております。しかも!パワーポイントの使用が推奨とされており、課題に取り組む前に「パワーポイントを勉強しなきゃ!」という声も聞かれました。しかし、今回の受講生は真面目で一生懸命取り組んでおられた方ばかりです ので、このハードルは難なくクリアできるものと思っております。

講師の先生の働きかけ?もあって、講義と同様に大切な「仲間づくり」の一環として、研修7日目の夜に親睦会をいたしました。この写真はその時のものです。札幌のグループホーム白ゆり青葉の遠藤さんと特養丸瀬布ヒルトップハイツの山下さんが今回の幹事を務めてくれ、20代の若いリーダーの誘導で大変楽しい親睦会になりました。8日目で前日入りしていた道老施協山本副会長と事務局2名も参加させていただき、良い思い出になりました。受講生の皆様、2月10日に再び元気に会えることを楽しみにしております!

CIMG0353

                                    事務局 山崎