最後の講義が終了し、全体のまとめとして参加した看護師の皆さんから質問や意見が寄せられました。 研修会に参加した皆さんの施設においてもすでに研修を実施しており、実際に取り組んでみての意見や介護福祉士養成課程における50時間の取り扱いとこの度の研修会との関連性など非常に参考になる内容でした。 最後にこの度の研修会で講師を務められた皆様から研修会をとおしての感想をお一人おひとりから聞くことが出来ました。

09 講師の先生からは、看護師と介護士では教育課程も異なり共通言語の理解など難しいこともありますが、熱意を持って取り組む介護士の皆さんもたくさんおられるので、看護師の皆さんから少し歩み寄って頂き、介護士の皆さんの理解が深まるような研修にしてほしいことや、単に口腔内の吸引や胃ろうの管理だけを目的にするのではなく、利用者の皆さんの尊厳のある生活をどのように保持していくかという視点で施設内での取り組みを進めて欲しいとのお話がありました。

 2日間に渡る長時間の研修会でしたので、参加した看護師の皆様も大変だったことと思います。 大変お疲れ様でした。
それぞれの施設においての研修が実り多いものになりますことを祈念しております。

          広報委員  佐々木