84日、5日に行われます老人福祉施設研究発表会2日目の講演についてご紹介します。
テーマ 「使命感を持って働くことが夢と感動を与える―私の体験したディズニーマジック―」

講 師 香取感動マネジメント代表 香取貴信氏(40歳)
KATORI2

16歳の時から東京ディズニーランドでアルバイトを始め、シンデレラ城ミステリーツアーなど主にアトラクションを担当され、人と関わることの楽しさから、8年間勤務されました。2004年の4月に起業され、新しい研究テーマ「感動マネジメント」を中心に活動中です。「誰にでも出来る当たり前のことを、誰にも負けないくらい徹底的に行う」をモットーに、感動を呼ぶサービスを生み続けまています。ディズニーランドで培った顧客満足追求の精神を基に、従業員の使命感を鼓舞する独自のマネジメント法を確立し、マニュアルの接客を凌ぐ感動のサービスに各業界が注目しています。「感動サービス」「人材育成」をテーマに企業、教育機関、行政、医療機関等、さまざまな業種の方たちを対象に年間250本程度のご講演やセミナーの開催されています。
異業種の方からのお話しは私たちの視点や価値観を広くしてくれます。「サービスの向上」と言われ続けていますが、使命を持つことで自ら行動するという仕事の原点のみならず、マネジメント力や経営まで幅広く学ぶことができるのではないでしょうか。講演会の多数のご参加をお願いたします。

主な経歴
1987年7月㈱オリエンタルランド準社員
運営部運営課エレクトリカルパレードゲストコントロール/シンデレラ城ミステリーツアー等、主にアトラクションを担当
1992年度Spirit of 東京DisneyLand受賞
2004年4月㈲香取感動マネジメント設立 代表取締役
主な著書
2002年5月出版「社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった」(こう書房2011年6月現在増刷68版目:出版部数合計17万部発行)
2010年9月出版「部下の本気に火をつける情熱のリーダーシップ!」日本実業出版社ほか

広報委員 深沢