勉強会2日目は、医療法人 風のすずらん会 江別すずらん病院 認知症疾患医療センター長 宮本礼子先生による『高齢者の精神疾患(認知症)について』と題した講演。
image

 宮本先生は、もともと内科医で病棟で認知症の方が多くなり対応に疑問を持つようになった事から勉強を始めたとのこと。認知症の考え方として、歳をとれば誰でも認知症になる、脳の老化の一つであり、特別な人ではなく認知症としてより良く生きることをを考える必要がある。
 そして、認知症の中核症状や患者の内面理解、行動・心理症状に対する対応手順や認知症に対する投薬療法と考えられる副作用など、具体的な事例を交えながら解説。認知症は適切なケアをすることで状態が良くなる。そのためには、認知症介護教室などを開催し理解を深め、認知症になっても安心して暮らせる社会を目指していきたいと講演を締めくくられた。

image
 
閉会挨拶として、北海道老人福祉施設協議会 養護老人ホーム検討委員会 遠藤克巨副委員長より、最後まで自分らしく生活する地域包括支援システムが始まると、地域でなかなか暮らしていくのが難しい方のセーフティネットとして養護老人ホームの役割が重要となる。高齢者の笑顔のために共に頑張っていこうと力強く締めくくり2日間の全ての日程が終了いたしました。


広報委員のひとりごと
 養護老人ホームに特化した研修は年に一度、2日間の研修の中で得られた人脈や交わされた意見は今後のサービスに生きるのではないかと思います。日々の業務は大変なことも多いですが、ともに頑張っている仲間の存在も支えにしながら利用者様の多様なニーズに応えていければと私自身が改めて思いました。お忙しい中全道各地から二日間の研修に参加していただきありがとうございました。また、ご報告が遅れてしまったことお詫びいたします。

広報委員 村山