北海道老人福祉施設協議会広報委員会のブログ

北海道老人福祉施設協議会広報委員会のブログです。

2016年10月

【報告】直接処遇職員研修会(日胆地区老施協)

日胆地区老人福祉協議会平成28年度直接処遇職員研修会が10月5日(水)苫小牧市民活動センターにおいて65名の参加で開催されました。
「ストレスに負けないコーピング技術」と題して(株)アムリプラザ佐藤あけみ氏による講演、「摂食嚥下障がい者の評価・対応」と題して栂安秀樹歯科医師による実技を交えた講演でした。

佐藤氏は同じ対応でもストレスを感じる人感じない人がいるがそれは何が違うのか。
ストレスを感じないような気持ちの持ち方・考え方でもう少し肩の力を抜いて笑顔になりましょうという内容でした。

DSC_0262
栂安氏は飲食物が口からどのように食道へ送り込まれる仕組みなのかを模型を使ってわかりやすく説明。
口唇・歯・舌を使って嚥下が起きることを参加者全員で水を飲んで実践しました。
栂安氏の指示通りに飲むとむせる参加者もおり、明日からの日々の業務にすぐに役立つ内容でした。
また、介護員・看護師・管理栄養士、そして歯科医師・歯科衛生士との横のつながりも大事だと話されていました。
DSC_0263

 (報告:日胆地区老施協事務局)

認知症介護実践リーダー研修 47名修了!!

10月7日、平成28年度認知症介護実践リーダー研修が無事に終了しました。
今年は、近年で最多の47名の修了となりました。
PA070049

30分のグループワークで他施設実習の際の感想を分かち合い、残りの時間をかけて自施設実習の報告を一人ずつ発表となります。
PA070050PA070051

PA070054
慣れない発表データのスライド作りと、人前での発表。持ち時間は一人5分であっという間ですが、朝から手が震えるくらい緊張してた人もいたようです。
PA070060PA070056

PA070068
全員の発表が終わった後に、認知症指導者の山本進講師より講評がありました。











最後は、代表で一名に修了証を授与して終了です。
PA070069PA070071
   代表者は手稲リハビリテーションセンターの東さんです。


8日間の講義・演習、3日間の他施設実習、4週間の自施設実習と今日の実習報告。
受講者の皆さん。最後の最後まで、お疲れ様でした。
道内に46人の心強いリーダーの仲間ができました。この絆を途切れさせることなく大切にしていきましょう

(北海道老施協 事務局)

報告 =南富良野町 特養 一味園 の現在について

台風10号により大きな被害に見舞われた、南富良野町 特養 一味園(伊藤ひろみ 施設長)ですが、老施協や関係機関、そして多くの方々の支援を頂いたことで、予想以上に早く施設の復旧を、概ね迎える事ができました。
また他の施設に一時避難しておりました入居者の方々も、9月14日を皮切りに順次施設に戻られ、9月30日には全ての入居者が、一味園に戻られた処です。そして多くの皆様方から支援金も集まっており、今後贈呈する予定であります。

伊藤施設長から報告を受け、去る10月5日に、道北老施協 杉野 会長並びに波潟 副会長が一味園を視察。そこで伊藤施設長から施設の復旧状況を説明された後、この度の復旧支援等に関し、老施協の皆様を初め、多くの方々のご支援とご協力を頂けた事について、法人一同、心から厚くお礼申し上げますと、伊藤施設長から感謝の言葉が述べられました。
51
 
伊藤施設長さんを初め、スタッフのみなさんの笑顔が見れて、本当にほっとしております。まだまだ多くの課題が山積しておりましょうが、完全復旧に向けこれからも頑張ってください!

報告者 北海道老施協 広報委員会 

【報告】第49回道南地区老人福祉施設職員研究大会

去る、平成28929日・30日に、函館市湯川町の花びしホテルにて『福祉施設が生きのびる成長戦略~福祉分野のイノベーション~』をテーマに第49回道南地区老人福祉施設職員研究大会が開催されました。

 

 初日は、北海道老人福祉施設協議会 瀬戸雅嗣会長から「社会福祉法・介護保険法改正の行方」のテーマで基調講演があり、
プレゼンテーション1

質の高いケアの実現に向けて、今後の課題や対策、地域を支える社会福祉法人の使命について、再確認する機会となりました。

その後、3つの分科会に分散し、自他尊重のコミュニケーション方法・危機管理・精神疾患の対応方法等をそれぞれ学び、2日目は村上さゆみ様から『自分の得意なことをして人の役に立ち、生かし生かされる世界に住む方法』と題して講演いただきました。

 

 68施設160名の参加で盛況のうちに閉会いたしました。


(報告者:道南地区老人福祉施設協議会 第49回道南地区老人福祉施設職員研究大会担当)

平成28年全国老人福祉施設研究会議(長崎会議)分科会発表者の推薦

来年、1月24日~25日に開催の全国研究会議の分科会発表を検討されている会員施設を、北海道老施協から推薦することができます。
推薦で発表をすることによって、一般応募の発表(直接、全国老施協へ発表を申し込む)よりメリットもありますので、詳細は北海道老施協HPから詳細をご確認ください。(北海道老施協 事務局)


記事検索
プロフィール

roushikyo_hokkaido

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ