北海道老人福祉施設協議会広報委員会のブログ

北海道老人福祉施設協議会広報委員会のブログです。

2016年08月

第36回老人福祉施設研究発表会 優秀発表者報告!!

8月25日より開催されました、
第36回老人福祉施設研究発表会におきまして、
優秀発表者表彰の様子をご報告します。
H28研究発表①

第1分科会
H28研究発表②

優秀賞
『在宅サービスに前向きでなかったA氏が、えがお健康体操教室にくる理由』
特別養護老人ホーム芦別慈恵園 機能訓練指導員 中尾 亮介 様

北海道老人福祉施設協議会 副会長 山本 進 様より

当初デイサービスの利用に前向きではなかった、職人気質のA氏。職員からのアプローチや周りの方々の協力を得ながら、徐々にA氏の気持ちや表情が変化し通じ合っていく姿を、動画を用い分かりやすくまとめられていた。また、数値化を図るなど資料構成が素晴らしい内容であったとの講評を頂きました。

第2分科会
H28研究発表③

優秀賞
『お別れ会でこころはひとつ~私もこんな風に見送ってほしい~』
介護老人福祉施設白ゆりあいの里 介護職員 前田 彩華 様

北海道老人福祉施設協議会 副会長 津田 利幸 様より

組織を再編し、ご利用者の最期を送る体制を施設をあげて整えられた。ご利用者やご家族の想いに添うことは、まさに福祉の神髄であり、最期のステージを温かく見守る様子が伝わり、大変すばらしい内容であった、との講評を頂きました。

第3分科会
H28研究発表④

優秀賞
『地域貢献事業として認知症状改善塾の取り組み』
特別養護老人ホーム和幸園 生活介護係長 星野 八重子 様

北海道老人福祉施設協議会 副会長 加藤 敏彦 様より

第3分科会全体の総評として、地域貢献は最も求められる役割の一つであるが、地域特性などさらにアピールする面を増やす事で、より地域に根ざした取り組みになるのではないかとのお話しを頂きました。

第4分科会
H28研究発表⑤

優秀賞
『いつまでも、慣れ親しんだ自宅で。~家族と共に支える介護~』
江別地域複合型ライフケアセンター 夢あかり 介護副主任 佐々木 拓也 様

北海道老人福祉施設協議会 副会長 杉野 勝美 様より

”家で暮らしたい”と願うご利用者の在宅生活の継続を目指す事は、家庭での介護を理解する事から始まる。サービス担当職員から、ケアの方法をご家族に伝え在宅に還元していく様子を、映像を用いることで、ご利用者自身の表情の変化も見てとられ、非常に素晴らしい内容であった、との講評を頂きました。

閉会式では、
北海道老人福祉施設協議会 会長 瀬戸 雅嗣 様より
H28研究発表⑥

今回の北海道老人福祉施設研究発表会においては、全国老人福祉施設研究会議と同じ基準を用いて採点が行われているが、優秀賞を受賞した発表をはじめ、すばらしい内容の発表が多くあった。来年1月長崎県にて開催される、全国老人福祉施設研究会議においても高得点が望める内容であるため、是非参加して頂きたい、とのエールが送られました。

今、”地域貢献”が社会福祉法人に問われている。平成28年4月より地域貢献事業が始まり、ご利用者、さらには地域に対して何ができるのか、現場の力をどう活かすのか、法人をあげ取り組んで頂きたい。また、介護保険法の改正に向け、国会においても話し合いが進められているが、”現場の力が制度を作る”ものであり、今後も全国老人福祉協議会から現場の声を発信していきたい、と閉会のご挨拶を頂きました。


広報委員会 三田

第36回老人福祉施設研究発表会 ~第3分科会~

こちら第3分科会は、「地域」と「デイサービス」をテーマに、9つの事業所より下記の内容で研究報告をいただきました。

①『地域包括ケアシステム構築への取り組み~ふれあい食堂いこいの開設』
特別養護老人ホーム美ヶ丘敬楽荘
総務課長 堀 久志 様  相談員 工藤 公洋 様

地域包括ケアの一翼を担うべく、コミュニケーションスペースとしての「ふれあい食堂いこい」を開店。地域における活動経過及び成果の報告でした。


②『食を通し、在宅の暮らしを支える』
特別養護老人ホーム芦別慈恵園 
管理栄養士 村上 由佳 様

食事をキーワードに、地域高齢者の健康を支える「配食サービス」や「自宅訪問(介護食の紹介、食事状況把握)」などの事業を行う同園の取り組みについての発表です。


③『入院しても元気で戻って来てほしい~回復期リハビリ病床との連携』
特別養護老人ホーム 北竜町永楽園
生活相談員 寺崎 信幸 様

ご利用者の骨折等によるADLの低下を防ぐ為、回復期リハビリ病院と連携する新たな取り組み。外部の専門サービスを利用し短期間で機能回復を図った症例の報告でした。


④『脳の健康からはじめる地域力アップ!』
地域密着型介護老人福祉施設アルペジオ
管理栄養士 奥山 恵美子 様

地域の住民が安心して暮らせる福祉コミュニティを作ることを目指し、町内会との連携や脳の健康教室など認知症予防事業を軸とした地域活動の経過を発表しています。


⑤『地域に愛される太陽園を目指して~これからの役割を明確にする為に』
特別養護老人ホーム
介護係長 山中 由佳 様

若いスタッフが中心となり将来構想検討委員会を発足。「地域との連携」「職場環境」「家族・ボランティア受入」を柱に、サービス品質の向上に取り組みました。


⑥『地域貢献事業として認知症状改善塾の取り組み』
特別養護老人ホーム 和幸園
生活介護係長 星野 八重子 様

施設における自立支援のノウハウを活用し、地域貢献事業としての認知症状改善塾を開催。症状改善が多くの方に見られた他、参加者同士の交流にも繋げることができた。


⑦『通所介護予防、高齢者サロンから見えた総合事業への取り組み~StayGold輝き続ける』
デイサービスセンターかおる園
地域支援係長 平山 奉行 様

“町の相談員”を自称する発表者が、高齢者サロンの運営に携わる過程で、主体となるご利用者の自主性を尊重した農業や物販などの活動に取り組む実践報告。


⑧『デイサービスにおけるリハビリテーションを再考する~東京旅行を実現した1症例』
鷹栖町デイサービスセンターはぴねす
主任 松原 美咲 様  看護師 藤川 朋恵 様

「元気をつくる」を合言葉に、充実したリハビリやアクティビティを提供するデイサービス。東京旅行など可視化した目標設定がご利用者のモチベーションアップに繋がっています。


⑨『通所介護における利用者主体のプログラムを行うことによる効果について』
デイサービスセンターなのはな
管理者 森田 康夫 様

制度改正による報酬減を定員増で補いながら、レク活動等アクティビティの見直しなどサービスの向上に取り組んだ実践の報告でした。





image


発表のみなさま、大変お疲れ様です!どの報告も、日々の実践とアイデアにあふれた素晴らしい内容でした!
貴重な発表をいただきありがとうございます。

広報委員 市川


第36回老人福祉施設研究発表会 ~第4分科会~

第4分科会です。こちらは、個別ケアと人材育成をテーマに、9施設の皆さんより発表がありました。

IMG_9848『若年認知症ケアの取り組み
            ~ショートステイから特養へ~』
 慈啓会特別養護老人ホーム 磯貝 啓一 さま

『在宅生活を続ける!!本人の意思・希望を支える為に』IMG_9853
小規模多機能ホーム ぬくもりの家えん
佐久間 勝 さま 

IMG_9859「いつまでも慣れ親しんだ自宅で。~家族と共に支える介護~」
江別地域複合型ライフケアセンター 夢あかり
佐々木 拓也 さま 高橋 亜里  さま 

家族や利用者と職員の考えや思いに相違点が生じ、結果利用者の心身の状況の悪化が生じることも少なくない。こうしたケースに対し、ショート利用を通じて、専門職としてどのようなアプローチが出来るかを考え実践。最初は否定的だった家族に対し、その家族が抱えている苦労とその原因、そして利用者や家族の希望などを丁寧に調査し、その解決方法を検討し実践した結果、家族の思いも変わり、利用者の生活も改善され介護量も軽減した。私たちの専門的サービスを人との関係づくりにも留意しながら、施設のみならず地域に住む方へ提供していった内容でした。

『Tさんと共に過ごした5年間』IMG_9860
特別養護老人ホーム 上士幌すずらん荘
大江 まゆみ さま

IMG_9861『個別ケアの関わり ~山菜採りを目指して~』
特別養護老人ホーム 鶴の園
中山 由臣 さま 

『ボードの向こう側に見えた利用者の笑顔』IMG_9865
特別養護老人ホーム 潮寿荘
泉 慶佑 さま 内村 康彦 さま

IMG_9868『 ASH ~安心してください、入れますよ。~
≪特別じゃない、当たり前のお風呂に入るまでの〇〇〇≫』
特別養護老人ホーム きさく苑
森高さま 酒井さま 工藤さま 山名さま
                 村越さま 

『新人育成から職員教育へ 
IMG_9869  介護職員の定着化が施設最大のリスクマネジメント』
特別養護老人ホーム 北竜町永楽園
江田 佳代 さま 我部山 久恵 さま

当施設の離職問題や能力向上への対策として、介護に携わる人としての職員教育と個々の職員に応じた指導、また新人・長期職員に関らず皆、共通の認識や価値観を持てる職場環境の見直しについて、アンケート調査結果を基にプリセプター制度を導入し実践した内容の報告でした。

IMG_9872『君もユニットケア、認知症ケアのスペシャリストだ!!』
地域密着型介護老人福祉施設サテライト型 ふらっと忠類
石川 真澄 さま 末廣 桂太 さま


発表内容はもとより、その発表方法にも趣向を凝らし、素晴らしいものばかりでした。
発表者の皆さま、本当にお疲れ様でした。

 広報委員 谷越  

第36回老人福祉施設研究発表会 ~第1分科会~

 第36回老人福祉施設研究発表会、個別ケア・リスクマネージメントを発表テーマとした第1分科会の様子をお伝えします。

image

①・『日々の生活に潤いを…。』 多機能型グループホーム鷹栖なごみの家 設楽 剛寛様、志知 百合佳様

②・『PーmSHELLモデルを用いて事故分析を行った経験から学んだこと』 特別養護老人ホーム 北竜町永楽園 舟橋 惇様、吉田 康記様、我部山 久恵様

③・『センター方式って大変だけどすごい!!』 札幌山の手リハビリセンター デイサービスセンター栄町 大谷 聡志様、木村 健一様

④・『認知症状改善に向けてK様の変化の様子』 特別養護老人ホーム 清祥園 吉田 恭子様

⑤・『在宅サービスに前向きでなかったA氏が、えがお健康体操教室にくる理由』 特別養護老人ホーム 芦別慈恵園 中尾 亮介様

※職人気質のA氏。デイサービス等の在宅サービスは拒否したが、地域のみなさんを対象とするえがお健康体操教室には参加。専門リハビリではなく、自宅でも簡単にできる効果的な体操をA氏が自分でも日々行い、体操教室で歩行状態等を写真や動画に収め、他者から良くなったと称賛されることでやる気に繋がっていった経過を報告。自宅で長く暮らしていただくためにこれからもえがお健康体操教室は続けていくとまとめられた。

⑥・『特養入所者?いや、ご主人でしょ!!』 特別養護老人ホーム かおる園 高橋 研斗様、河村 英寿様

⑦・『A様(101才)への外出支援の挑戦』
特別養護老人ホーム 中標津りんどう園 釜 大輔様、大谷 豊様

⑧・『気持ちが死んでいる~その言葉の重さを受け止めて~』 グループホームむかし館 萱森 里恵様、伊豆倉 京美様、石井 亜絵様、安村 里美様、伊藤 めぐみ様

⑨・『ずっと住マイル!!~ケアハウスでの生活を続けるために~』 軽費老人ホーム ケアハウスゆうあい 柴田 一子様、竹田 好子様、伊藤 るみ子様、吉田 直樹様
image
発表内容を全てお伝えする事が出来ず残念です。発表方法も動画等を駆使され年々レベルアップされておりました。
発表者の皆様お疲れさまでした。

広報委員 村山

第36回老人福祉施設研究発表会 ~第2分科会~

第36回老人福祉施設研究発表会

第2分科会の発表内容をお知らせします!!

1.『肺炎予防の取り組み~肺炎で入院する方への予防方法の糸口は多職種連携と統一した知識だ!!~』
特養手稲リハビリテーションセンター 瀬川睦さま

2.『一人一人のQuality Of Lifeを高めるために~ダイバージョナルセラピーの実践~』
特別養護老人ホームひかりの 秋本真希さま・柴田加奈さま

3.『音楽を活かした認知症ケア~コミュニケーションの1つとしての音楽』
特別養護老人ホーム石狩希久の園 南隆太さま

4.『引きこもり予防と水分補給を目的とした取り組みについて』
養護老人ホーム長寿園 安井友紀さま・荒要香さま

5.『利用者の入院に際し、病院と共同でケアの方向性や家族の意思決定をサポートした一例』
特別養護老人ホーム北竜町永楽園 吉田康記さま

6.『理想の排便に近づける為の取り組み~不必要な下剤を減らしたい~』
特別養護老人ホーム敬生園 戸崎美企さま

7.『経管栄養のご利用者様の生活改善を目指して~あきらめていたのは私たち?~』
特別養護老人ホーム女満別ドリーム苑 田丸智子さま

8.『末期の悪性腫瘍に罹患した入居者様でも、看取り介護ができる特養として』
特別養護老人ホームコスモス苑 新井元規さま

9.『お別れ会でこころはひとつ~私もこんな風に見送ってほしい~』
介護老人福祉施設白ゆりあいの里 前田彩華さま

25①

3.『音楽を活かした認知症ケア~コミュニケーションの1つとしての音楽~』
特別養護老人ホーム石狩希久の園 南隆太さま

認知症を患った利用者様に、日常のケアでは引き出せなかった本来持っている秘めた力をいかに引き出すかについて考え、音楽療法の手法を活用し、介護職員だからこそ実践できる音楽療法について検討し取り組んだ内容についての報告。

25②

7.『経管栄養のご利用者様の生活改善を目指して~あきらめていたのは私たち?~』
特別養護老人ホーム女満別ドリーム苑 田丸智子さま

経管栄養のご利用者様の排便困難について、ご利用者様個人の排泄を考え、定期下剤に頼らずにトイレで排便ができ、尊厳を取り戻すためへの転換へ施設全体で取り組んだ行った内容についての報告。

25③

9.『お別れ会でこころはひとつ~私もこんな風に見送ってほしい~』
介護老人福祉施設白ゆりあいの里 前田彩華さま

お別れ会を通じ、死は特別なものではなく誰もが必ず訪れる自然なものとして受け止められるようになった。それは入居者様も同様であり、お別れ会を開くことで見られた職員や入居者様の様子、ご家族様とその後のつながりについての発表。


すべての発表内容をお知らせできず、すみません!!
発表者の皆様、お疲れ様でした。
明日の表彰式が楽しみですね(^o^)丿

広報委員 三田

記事検索
プロフィール

roushikyo_hokkaido

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ