北海道老人福祉施設協議会広報委員会のブログ

北海道老人福祉施設協議会広報委員会のブログです。

2016年01月

平成27年度老人福祉施設長研究セミナー開催

小雪が舞う寒さ厳しい札幌で、本日は老人福祉施設長研究セミナーが開催されております。

image
※高室先生の講義

介護を地域で支える・予防する仕組みづくりを進める上で、老人福祉施設の地域における役割は今後益々大きくなって参ります。本セミナーは、「介護予防・日常生活支援総合事業」の本格施行に向け、最新の中央情勢は勿論、サービスの核となる人材育成まで幅広く実践的な内容となっておりますので、会場のガーデンパレスホテル札幌よりその一部をお伝えいたします。


中央情勢報告
報告者 瀬戸 雅嗣 (全国老人福祉施設協議会副会長・北海道老人福祉施設協議会会長)

社会保障改革の基本的な考え方から、二割負担の拡大や軽度者サービスのあり方など今後の議論の方向性について、事業者は基より利用者にも大変厳しい内容であり、注視していかなければならない。また、急遽示された「新三本の矢」における介護離職ゼロについては、特養等の入居施設を増やすことに捉われず、老施協としても既存施設の増床や介護職員の離職ゼロにも積極的な取り組みを行っていきたい。これからも各事業所において介護の現場から声をあげ、地域づくりに貢献していくことが使命であると報告を終えた。


講義1「地域包括ケアシステムを支える新しい福祉の人材育成」
講師 高室 成幸 氏 (ケアタウン総合研究所所長)

団塊の世代が75歳となる2025年に向けて、様々な社会保障制度改正が行われている。地域包括ケアシステムを構築する上で、最も課題となっているのは、その担い手である人材だ。現場の人材不足への対応と並行し各事業所は、20〜30年後も見据えた将来的な戦略も考えなければなりません。その為に大切なのは、変化を恐れず常に新しいものに挑戦するソーシャルイノベーションによる経営スタイルではないか。地域では長命化、認知症、独居特に男性の問題など、困っている高齢者が大勢いる。積極的に地域に出ることが、新たな利用者確保につながるばかりか、共感した住民がスタッフとして働いてくれるかもしれない。また、人材を採用する上で注意して欲しいポイントや、定着・育成におけるマネジメントについて、いくら人がいなくても採用してはいけない人もいますよと、面接のシートを用いて丁寧なご教授をいただくことができた。

講義2「介護予防・日常生活支援総合事業と老人福祉施設が着目すべき点について」
講師 岩名 礼介 氏(三菱UFJリサーチ&コンサルティング経済・社会政策部社会政策グループ長主任研究員)

地域包括ケアシステムとは何か?人口減社会を前提とした場合、これから起こる地域の様々な課題を「量」でクリアすることは現実的ではない。「質」を高めることが重要であり、個人も事業所も地域もアップグレードしていかなければなりません。特にそのプロセスで重要なのは「統合」だ。地域や制度上、バラバラになっている資源をまとめていく仕組みが「統合」である。連携によるコストを抑え、地域住民が主体的に活動ができるよう側面的な支援が、介護施設には福祉拠点として求められていきます。地域を巻き込み、地域に開かれた施設として、その持てる専門職のノウハウを地域に活用していただきたい。施設の中にある特養ではなく、地域の中にある特養として、まずは地域を知ることを大切に取り組みましょうと講義を終えました。

広報委員のひとり言
どの講義も興味深く、とても引き込まれる内容でした。まさに前人未到の高齢社会が迫る地域を前に、その使命を果たしていくことは勿論、地域ニーズにクリエイティブな発想で応えていかなければなりません。そして何よりも人材・仲間の大切さを改めて感じました。スタッフと一緒に共有したかった高室先生の採用面接に関する書籍を早速購入。採用におけるノウハウの詰まった実践的な内容が、すごくおすすめですよ。

広報委員 市川

平成27年度 軽費老人ホーム・ケアハウス サミット in 北海道!!

昨年度11月に広島県で養護老人ホームと合同で開催されました全国老施協主催の[軽費老人ホーム・ケアハウス サミット]が、今年度平成28年2月23日(火)に札幌市のニューオータニイン札幌で開催されることが決まりました。

全国老施協で実施した「軽費老人ホーム 平成26年度 収支状況等調査」で、ケアハウスの経常増減差額比率は0.7%、国庫補助金等特別積立金取崩額を除くと△11.1%とその経営に窮している実態が明らかとなりました。 福祉・介護サービスをはじめとする地域福祉の増進に向け、厚生労働省はじめ、自治体の高齢者保健福祉・介護保険担当課、事業所を交えた意見交換を行うものです。

参加申し込みは、
全国老施協HPよりWEB申し込みが可能です。
FAXでの申し込みも可能ですので、詳細はHP掲載の開催要項を参照ください。

12516504_548920378591395_1766096429_n12516236_548920375258062_788004647_n
↑↑平成26年度 広島開催の様子↑↑

(北海道老施協 事務局)

介護フェスティバル in 札幌

去る、1/9土曜日に「平成27年度介護のしごと普及啓発事業【介護フェスティバル】」が開催されました。
基調講演とパネルディスカッションの2部構成で、間に、この介護フェスティバルの普及啓発PR応援大使に任命された、シンガーソングライターの
笠原瑠斗さんのミニLIVEもありました。
パネルディスカッションは「介護の魅力」について、これから介護の現場で働き始めるお二人と、道老施協でも研修講師をお願いしている認知症指導者の社会福祉法人宏友会の菊地 伸 さんがパネラーとして登壇されました。介護の現状とこれからについて菊地さんからのお話のあと、介護の仕事に対する印象や介護の仕事を選んだきっかけ、介護の資格についてもディスカッションされました。

介護フェス

この後、介護フェスティバルは1/30までの毎週土曜日、帯広・旭川・北見でも開催されます。
詳細は、
介護フェスティバルのHPをご覧ください。
この後の3会場とも、まだまだ参加可能とのことです。

(北海道老施協 事務局)


記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ