平成2671日(火)~2日(水)、釧路プリンスホテルにおきまして「釧根地区老人福祉施設協議会平成26年度 総合研修Ⅰ」が開催されました。釧根地区では総合的な研修として施設長をはじめ様々な職種が参加し、年2回開催されております。研修総合テーマでもあります「人と人、心が紡ぐより添った介護へ」に向け、平成26年度は「~専門性の追求~これからの福祉を担う確かな技術の習得」を更なるテーマとして、釧根地区で活躍される施設職員43施設117名が参加されての研修会となりました。

DSC00036

開催に先立ち、釧根地区老人福祉施設協議会 高橋会長よりご挨拶があり、続いて岩隈釧路副市長より「在宅、施設において生きがいを持って生活出来るよう、より一層のサービスに向けた取り組みを!」とのご挨拶がありました。

 続きまして、研修1日目の本題でもあります「研究発表」が行われました。釧根地区ではお馴染みとなりましたこの「研究発表」ですが、自分たちの日々の取り組みを思う存分披露(発表)出来る場として定着しております。この場から老人福祉施設研究発表会に参加する施設が決定しますが、今回は特養、デイサービスから6施設の発表がありました。

DSC00040DSC00044
DSC00045DSC00047
DSC00049DSC00059
・不安なく過ごせる場所をみつけるには~わたしの居場所はどこ?~

      特別養護老人ホーム 釧路北園啓生園
・生きがい活動の取り組み~自分で、できるよろこび~   

デイサービス 武佐いこい

・「改修に伴うグループケアに向けた取り組み」
  ~入園者に寄り添うケアを目指して~

  特別養護老人ホーム 中標津りんどう園

・一人一人がいかに自由な時間を過ごせるか
~介護員としての役割、余暇・娯楽の大切さ~ 
    標茶町立特別養護老人ホーム やすらぎ園

・入居者の『心』と『体』を「中から外へ」
  ~在宅復帰への道のり 序章~

   地域密着型特別養護老人ホーム 湿原の里

・手のぬくもりから~創る喜び無限大~   

てつほくデイサービスセンター

 いずれの発表も興味深く聴くことが出来、聞き逃さないようペンを走らせている参加者の方もおられました。

 発表終了後はグループワークへと移りましたが、各参加者の方々が興味を持った発表グループに分かれ更に掘り下げての検討となります。

DSC00062DSC00064
DSC00067DSC00072

初めは緊張していた会場内も研修委員が間に入ることで和気藹々と討議が進み、日頃は聞くことが出来ないような話も新鮮だったようです。まとめでは、弟子屈町養護老人ホーム倖和園 千田園長、養護老人ホーム長生園 高橋副園長より講評をいただき、「気付き」の大切さ等、明日に繋がる力を得て1日目が終了致しました。


   広報委員  遠藤