本日より2日間に渡り、 札幌ガーデンパレスにおいて 老人福祉施設研究発表会が開催されています。

初日の今日は、4つの分科会に分かれて『個別ケア』『リスクマネジメント』『ケアの向上の取組み』『機能訓練』『地域支援』『ユニットケア』『デイサービス』『人材育成』『看取り介護』の9つをテーマに、49の事業所が研究発表を行います。2日目は、有限会社笑う介護士代表取締役の袖山卓也先生を講師にお迎えし、『笑う介護士の極意〜プロの介護従事者としてあるべき姿〜』についての講演と、各分科会で審査された優秀発表者の表彰が行われます。

開会に先立ち行われた研究発表者打合会では、主催である北海道老人福祉施設協議会の波潟幸敏研修委員長から、やや緊張の面持ちの発表者のみなさんへ『スポーツ選手の発表会はオリンピックや甲子園。介護従事者の発表会はこの研究発表会ですね。』と激励、専門職としての知識、経験、取組みを発信してほしいと伝えました。

18


当ブログでは各分科会の研究発表について、お伝えしていきます。
発表者のみなさん頑張りましょう!!

広報委員 市川