北海道老人福祉施設協議会広報委員会のブログ

北海道老人福祉施設協議会広報委員会のブログです。

北海道老人福祉施設協議会のホームページは下記へ。
http://roushikyo-hokkaido.jp/

2019年度認知症介護実践リーダー研修

台風が去り、晴天に恵まれた9月24日(火)、9日間で実施される「認知症介護実践リーダー研修」の講義・演習が始まりました。本年度は全道各地より37名の参加となっています。


【午前の部】
①認知症介護実践リーダー研修の理解
  講師:特別養護老人ホーム鷹栖さつき苑 
      施設長 波潟 幸敏 氏

②認知症の専門的理解
  講師:北広島メンタルクリニック 
      院長 穴澤 龍治 氏


【午後の部】
認知症ケアに関する施策の動向と地域展開       
  講師:特別養護老人ホーム鷹栖さつき苑 
      施設長 波潟 幸敏 氏


『グループワークの様子』


初日の研修では、認知症の基本的な理解はもちろんの事、自身のリーダーとしての課題、どう変われるか等、講義、演習を通して『あるべきリーダー像』について考える時間となったようです。認知症ケアはチームで取り組む事が重要であり、「良いチーム作り」のために必要な事、そのための「実践力」をどう身に付けていくか!

残りの講義、演習、そして他施設、自施設での実習(20日間)、最後11月26日(火)に実施される「実習報告とまとめ」で研修終了となります。まだまだ研修は続きますが、研修参加者との交流も深めていただき、今回の研修の成果を、それぞれの施設で実践する事ができる絶好の機会として、研修に取り組んでいただけたらと思います。


広報委員 杉村












令和元年度 全国老施協北海道ブロック 養護老人ホーム職員研修会

研修会初日、札幌の最高気温は29℃!残暑の中「養護老人ホーム職員研修会」が9月2日~3日の日程で開催されました。例年、道老施協独自で実施してきた研修会でしたが、本年度は北海道ブロックとして全国老施協との共催となり、全道各地より58名参加いただきました。

                                                            道老施協会長 瀬戸雅嗣          全国老施協副会長 大山知子
【 研修1日目 】
〇情勢報告~全国老施協 副会長 大山知子 氏
    養護老人ホームをとりまく現状と課題、今後の養護老人ホーム方向性、
    役割についてお話しいただきました。

      

〇高齢者の生活困難と養護老人ホーム
  ~世の中を俯瞰しつつ養護老人ホームのあり方について考える~
  城西国際大学 福祉総合学部福祉総合学科 教授 清水正美 氏
  
生活困窮を抱える高齢者のための養護老人ホームの在り方、役割、
  「地域アセスメント」の重要性についてご講演いただきました。
   

〇意見交換
  進行~全国老施協 養護老人ホーム部会 部会長 利光弘文 氏

  
   

〇生活支援・介護現場の現状と課題について
  全国老施協 養護老人ホーム部会 幹事 平岡毅 氏
  2日目のグループワーク研修に向けた導入として、自身が施設長を務める
  「聖ヨゼフ・ホーム」の概要、現状と課題についてお話しいただきました。
     

【 研修2日目 】
〇 “養護” マネジメントのススメ!
     ~課題解決に向けての取り組みと方向性について~
  全国老施協 養護老人ホーム部会 幹事 平岡毅 氏
 
 
  
  研修2日目はグループワークです。テーマは①養護老人ホームにおける現状と問題、②わかりやすい記録の取り方とは?について、各施設、現場で抱えている課題や問題について共有し、養護老人ホームの課題解決に向けた取り組みなどについて“熱く”意見が交わされていました。



入所者の重度化、精神疾患、認知症高齢者の増加、多様化する生活ニーズ、定員割れや空床問題、措置控えなど養護老人ホームの現状、課題を改めて確認し、今後取り組むべき対応、方向性について考える、貴重な2日間であったと思います。そして今回の研修で得た「施設間のネットワーク」も生かし、明日からの業務につなげていただければと思います。研修に参加いただいた皆様、2日間大変お疲れ様でした!

広報委員 杉村

2019年度 認知症介護基礎研修開催


令和元年8月2日(金)
夏本番を迎えた猛暑のなか、多くの皆様にご参加頂き認知症介護基礎研修が開催されました。
認知症ケアに携わる者が、その業務(サービス提供)を遂行する上で最低限の知識、技術とそれを実践する際の考え方を身につけ、チームアプローチに参画する一員として基本的なサービス提供を行うことができるようにすることを研修の目的として、認知症の人を取り巻く現状、症状に関する基礎的な知識や認知症ケアの実践を行うために必要な技術を事例演習を通じながら背景や具体的な根拠を把握し、ケアやコミュニケーションについて学んで頂きました。

午前の部「認知症の人の理解と対応の基本」について
講師:高齢者総合施設 西野ケアセンター 保坂昌知 統括施設長
0DBAD26A-0A93-419E-984A-046F4A39CAEB

午後の部「認知症ケアの実践上の留意点」について
講師:慈啓会養護老人ホーム 千場有理子 施設福祉課長
51BE66A9-C83E-47A2-AAF9-CF573537FBE1

広報委員のひとりごと♪
これからの認知症介護の実践に必要な病態や病状に関する基本的知識を身につけ、より良いケアを提供するチームの一員として活動することができ、地域福祉においても地域包括ケア等で活躍できるよう、より多くの皆様に受講して頂きたいと思いました。

広報委員 田中

令和元年度 多職種協同による自立支援と重度化対応・重度化予防研修  講義1

  今年度は認知症ケアに特化した講義を720時間6日間で行っています。DSC_0093

 全国高齢者ケア研究会の泉田 照雄研究委員長の熱い講義に、参加者みな熱心にメモを取りながら必死についていきます。
DSC_0091

 1~2日目は、トータルケアの概論、BPSDの改善手順、認知症の種類とケアのポイント(特にレビー小体型・前頭側頭型を中心に)、認知症カンファレンスシートの解説(身体的要因中心に)を講義いただきました。

 また、1日目終了後希望者対象に特別講義(研修内容を施設内で共有するための方法・脱下剤の必要性・尿漏れ対策)を行っていただき、明日にでも役立つ知識を学ぶことが出来ました。

 今回は240時間、次回は10月7日から240時間学ぶ予定となっております。

広報委員 村山

令和元年度 多職種協同による自立支援と重度化対応・重度化予防研修開催中


  蒸し暑さで汗ばむ陽気のここニューオータニイン札幌で本日から多職種協同による自立支援と重度化対応・重度化予防研修が全道から97名の参加をいただき開催されております。DSC_0087
  今年度からはじまったこの研修は、全国高齢者ケア研究会 泉田 照雄研究委員長を講師にお招きし、カリキュラムを三年間で学ぶ内容となっており、今年度は認知症ケアに特化した内容を6日間で学びます。
Screenshot_20190718-171242 まずはじめに全道老人福祉施設協議会 川邊研修委員長より開会挨拶があり、熱い講演が始まりました。


 研修の様子は随時アップしていきますので、皆さまお楽しみに😊

広報委員 村山

 
記事検索
プロフィール

roushikyo_hokkaido

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ