北海道老人福祉施設協議会広報委員会のブログ

北海道老人福祉施設協議会広報委員会のブログです。

平成28年度介護力向上講習会終了

平成29年3月24日、介護力向上講習会北海道分校最終日です。
P3240206

受講施設数10施設、6回通しての受講生は24名。
最終回の特別聴講は8名。


6施設の受講施設から各1事例ずつ事例報告と検討、その他に特別養護老人ホーム女満別ドリーム苑の介護課長補佐 南出 彰さんに「常食化へ向けての経管栄養の栄養・水分管理~不足分の塩分補充について~」事例発表をしていただきました。

事例検討では、各施設の課題点を取り上げ、他の受講施設での似たような事例を共有して、利用者様へのケアを模索します。より良いケア提供のため、熱が入ることも多々あります。
職員皆さんの熱意が感じられる瞬間です。

南出さんの事例発表では、胃ろう造設の利用者様の嘔吐が続き、経管栄養の栄養剤だけでは塩分不足が生じるのかもしれないと注目しアプローチをしたことを報告いただきました。
P3240214

今日の講習会を最後に、北海道分校は休止となります。
北海道分校が開校して4年間、多くの施設の皆さんに受講いただきました。
2か月に一度の受講、その間に3事例宿題の提出の準備を通常業務の合間にするこの大変さは、事務局では分かり得ません。でも、講習会の際の真剣な意見交換や助言を見るにつけ、利用者様のことをこんなに思ってケアをしている施設は本当にすばらしいと感じました。
北海道老施協としては介護力向上講習会を休止しますが、全道の受講施設でできたネットワークをぜひこれからも切らさず「介護の力」を高めあっていただければと思います。

最後に、主任講師の国際医療福祉大学大学院教授 竹内孝仁 先生、北海道分校初年度の副講師 国際医療福祉大学大学院講師 小平めぐみ 先生、3年間副講師を務めてくださいました株式会社ケア・センスの坂田佳美 先生、
本当にありがとうございました。

プレゼンテーション1

(北海道老施協 事務局)

平成29年度の事業日程

平成28年度も残り10日程となり、道内の各施設様、また研修事業で講師をお願いした皆様、大変お世話になりました。


現時点で「予定」ではありますが、平成29年度の研修事業の日程についてお知らせいたします。

プレゼンテーション1


上記は、あくまで予定となっており、正式には各関係施設宛に開催要項・ホームページ・ブログ等でお知らせいたしますので、その点ご承知おきいただければと思います。

新年度も、北海道老人福祉施設協議会の事業につきまして、ご高配賜りますようお願いいたします。

(北海道老施協 事務局)


「テレビが聞けるラジオ」贈呈式

本日、午後に株式会社ツルハ様よりテレビが聞けるラジオの贈呈のセレモニーが、北海道老施協事務局(北海道社協事務局内役員室)で執り行われました。

STVラジオの「ツルハ ハッピーライフ毎日笑顔!」の番組企画により、
楽しく豊かに安心して暮らすための情報を毎日お届けする」番組コーナーをツルハドラッグ様の提供で展開中とのこと。番組展開と合わせて、ツルハ様と道民の心のつながりをより強く、より深くすることを目的に、番組を通じた輪で社会貢献活動を実施。その一環としてテレビが聞けるラジオを贈呈する企画を立案されたそうです。

今回の企画に、北海道老施協にお声がかかり、28年度道内の高齢者施設に50台寄贈されます。
(これから順次、贈呈されます。)

13時前から、STVラジオの関係者の皆さんと広告担当の電通の担当者さんが来局され、会場設営など準備に動き回られています。
P3170201P3170202

テレビカメラも入って、何度もリハーサルが繰り返されています。
P3170203
リハーサルの様子を、瀬戸会長と老施協事務局担当者が覗き見。

贈呈式の様子を番組で放送するために、アナウンサーの和久井 薫さんが進行役を務められています。
P3170210
まだ、リハーサル中です。

ラジオが贈呈される施設の代表として、北海道老施協の幹事にも就任いただいています、ケアハウスグリーンライフ光陽の浜田 美奈子施設長にもお越しいただき、13時53分贈呈式がスタートしました。
P3170212

株式会社ツルハ 代表取締役社長 社長執行役員 鶴羽 順 様より、目録と「テレビが聞けるラジオ」の現物を頂戴しました。
北海道老施協からは、感謝状をツルハ様にお渡ししています。
P3170253

いただいた、目録とラジオはこんな感じです。
ラジオの中には視覚障がいのある方のために、点字の説明書も同封されています。
緊急地震速報も自動で受信できる機能も備えたものですので、寄贈された施設で有効に活用いただければ思います。
P3170256

改めて、株式会社ツルハ様、ありがとうございました。

(北海道老施協事務局)


平成28年度 認知症介護基礎研修

平成29年3月8日(水)、北海道第2水産ビルに開催されました、
平成28年度 認知症介護基礎研修』について報告いたします。

この研修は平成28年度に新設された、
”認知症の人をケアしていくうえで、認知症に関する基礎的な知識を有していないと、実際のケア場面で戸惑う事が多くなる。認知症介護基礎研修は、ケア現場で役立つ認知症に関する最低限の知識・技術と、それを実践する際の考え方を身につけることを1つの目的としている”研修です。(引用:認知症介護基礎研修標準テキスト)

P1020590
道内各地の介護・福祉現場でご活躍されている80名もの方々に、
お忙しい年度末の最中にもかかわらずご参加いただきました。

午前中は、『認知症の人の理解と対応の基本』について、
高齢者総合施設 西野ケアセンター 統括施設長 保坂 昌知 様より、
ご講義頂きました。

P1020593

この時間では、認知症の中核症状と行動・心理症状を理解するため、
DVDを用い、”生理的老化と認知症の記憶障害の違い”や”4大認知症の原因と主要な症状”、”若年認知症の実態”について、事例検討を繰り返し行いました。

P1020611

P1020597

高い倫理性が求められる認知症介護の実践では、
正しい知識と理解がなければ不適切なケアに陥ってしまう可能性があります。
福祉・介護に携わる者として核となる基礎知識を学び、意見を交換し合う時間となりました。

続いて、午後からは
認知症ケアの実践上の留意点』として
社会福祉法人 札幌慈啓会 在宅福祉課長 干場 有理子 様より、
演習を交えながら、ご講義頂きました。

P1020619

午前中に学んだことを活用し、基本的な実践方法を事例演習を通じ体験的に学びました。

P1020624

P1020634

事例や視点を変えて検討を重ねることで、
認知症に関する知識を深め、現場で活かせる実践技術を身につける事が目的です。

P1020629

P1020631

演習では、ご利用者との関わりを振り返り、
人との距離感や相手の気持ち、自分の気持ちを体験的に学びました。

P1020626

お忙しい時期にも関わらず参加して頂いた皆様、大変ありがとうございました。
認知症介護を担っている参加者の皆様の熱意を感じた時間でした。

 広報委員 三田

【案内】全国老施協主催 養護老人ホーム職種別研修会

来月になりますが、全国老施協主催の養護老人ホーム職員向けに
平成 29 年 3月 14日~平成 29 年 3月 15日 の日程で研修会が
開催されます。

詳細は、全国老施協HPで要項をご確認ください。
プレゼンテーション1
                                           ※全国老施協HP抜粋


申込み期限が、今月中となっておりますので、ご参加の程ご検討ください。

(北海道老施協事務局)
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ