北海道老人福祉施設協議会広報委員会のブログ

北海道老人福祉施設協議会広報委員会のブログです。

平成30年度認知症介護実践リーダー研修 34名が修了しました。


 平成30年11月14日、小雨降るここ札幌で平成30年度認知症介護実践リーダー研修「報告とまとめ」が行われました。
 8月から開催されている「認知症介護実践リーダー研修」ですが、胆振東部地震の影響で日程が変更になりながらも、9日間の講義・演習、2日間の他施設実習、18日間の自施設実習、本日の発表と長期間に渡る研修となりました。

 P1030684この「報告とまとめ」では、自施設の現状に対して課題を抽出、到達目標を定め、アセスメント事例の検討・実践を通しての結果、考察・今後の課題について、持ち時間一人7分ではありましたが、緊張感や熱意が伝わる発表となりました。

 実習を通し、自施設のケア・実践の場面の中で「援助者のものさし」でとらえてしまっていた、認知症の共通理解の大切さを改めて知る機会となった、職員と利用者の気持ち・思いに違いがあるなど受講者の皆さんからは多くの気づきにつながったという報告がなされました。

 自施設の課題抽出や研修を受けていない職員に伝え実践につなげるということは、とても大変なことではありますが、受講者自身が講義や演習での学びをしっかりと理解され実習に取り組まれたことが感じ取れる素晴らしい発表でした。P1030679

 P1030686発表終了後は、認知症介護指導者である特別養護老人ホームしゃくなげ荘 山本 進施設長より全体講評をいただき、受講代表者1名に修了証が授与されました。

 P1030691受講者の皆様からもこの研修がゴールではなく、この学びを今後の仕事に生かしていきたいという力強い発言もあり、本日34名が認知症介護実践リーダー研修を修了し、各施設で活躍されることと思います。受講者の皆様さいごのさいごまでお疲れさまでした。
P1030693

【広報委員のひとりごと】
 毎年認知症介護実践リーダー研修の取材はさせていただいておりましたが、初めて修了記事を担当しました。開催時と受講者の雰囲気はかなり違い、長期間に渡り同じ目標を共有した仲間ならではの連帯感を感じました。リーダーは時に孤独になります。この研修で一緒に学んだ仲間は財産だと思いますので、今後も情報交換をしあう関係を継続して作って欲しいと思います。本当に素晴らしい発表でした。お疲れさまでした。

 広報委員 村山


全国老施協21世紀懇談会 “ 現場発信の集い 2018 ”が  開催されました!

会場風景
去る10月30日、札幌市 京王プラザホテルにて、全国老施協21世紀懇談会 “ 現場発信の集い 2018 ”が開催されました。

三者コラージュ
最初に全国老施協会長 石川  憲 様から、開会のあいさつの中で、全国老施協理事であり、去る10月26日に自民党の公認を頂き、全国介護政治連盟と全国老施協から推薦を受け来年の参議院選挙に出馬される“かくた 充由 ”様を紹介。
角田候補を必ずや国会に我々の力で送り届け、現場の声を国政に反映できるよう協力と支援を呼びかけました。
また、全国老施協副会長 木村 哲之 様から趣旨説明、全国介護政治連盟会長 工藤 妙子 様から熱い応援のお言葉を頂きました。

そして、本日の主役こと全国老施協理事 かくた 充由 様のご登壇。
かくた充由候補

かくた様
より本日参加された会場の皆様に対し、「20歳から20年間介護現場での経験を通じて知り得た、年々厳しい状況に置かれて来ている現場の課題等を踏まえ、現在と将来に向けた介護と福祉を本当に良くするため、ご尽力されてきた諸先輩や皆様方による新しい息吹をぜひ引き継いで、持続可能な福祉社会を現場の声と共に国政に持っていき、必ずや皆さんの期待に応えられる様、最大限働かせて頂くので、ぜひ皆様のご協力をお願いしたい!」と力強い決意表明を演説され、会場からも大きな拍手と声援で応えられておりました。

徳永憲威委員長そして、全国老施協 全国21世紀委員長 徳永 憲威 様のご発声により、参加者全員で必ずや来年の参院選で、かくた様を国政に送る様全員が一丸となって応援協力致す事を決意表明。

大山智子養護部会長・後援会長最後に全国老施協 養護老人ホーム部会長かくた候補の全国後援会会長である、大山 知子 様より後援会会長の立場から改めて皆様に角田候補への応援とご協力をお願いし、終始会場内は熱い熱気で満たされておりました。
エール


 広報委員 谷越 

まだまだあります、北海道会議!

平成30年度 全国老人福祉施設研究会議【北海道会議)。これまで紹介したもの以外にも、ホール内外で実に盛りだくさんのメニューが行われました。
その概要を最後に紹介します。

主賓来賓コラ

「老施協ビジョン2035 ビジョントーク ~ 
         “みなさんとつくるこれからの福祉・介護”」

  
石川会長最初に、全国老施協会長 石川 憲 様 より挨拶の後、全国老施協 経営戦略室エグゼクティブアドバイザー 猪飼 容子 様が進行。
本会議参加者の全国老施協に対してのリアルタイムなアンケート結果を紹介していき、コメンテイターの介護士兼モデルの上条 百里奈 様電通コンサルティング社長  森 祐治 様の両名からコメントを頂いた。

モデル業も行っている上条氏からは、一般的に敬遠されがちな介護業務の偏見を憂い、モデルの仕事と対比しながら現場で働く介護士の視点から、介護業務の魅力についての所感を述べられた。
猪飼EX ADまた老施協ビジョン2035の策定に関わる森 社長からは、調査結果から介護業務の6割が、移動や書類等も含む間接業務である事。それを近未来のテクノロジーが担うことで、高齢者との関わる時間を増やし、専門的かつ魅力ある業務内容に変えていく事を、現在老施協が策定中であることを説明。

森氏、上条氏自動運転・運搬技術やAIが適正に処理しながらの同時会話認識記録技術とその活用による改善内容、適正相性者照会ツール等、確実性の高い近未来のテクノロジーを介護業務に反映した、これまでにない新たなビジョンの 概要を紹介した。

その後、全国老施協経営戦略室長 皆川 恭英 様、副室長 今 裕司 様から“2035中長期戦略(ビジョン)策定プロジェクト”の経過報告とその内容について、近未来の社会情勢と絡めながら説明があり、本年11月20日・21日開催する第75回 全国老施協大会 北九州大会を皮切りに、その策定内容を『月刊 老施協』を初め、様々な媒体にて発表していく、と説明された。

峯田副会長その他、全国老施協 副会長 峯田 幸悦 様より“災害派遣福祉チーム(全国老施協 D-WAT)”の内容説明と活動報告が行われ、全国支援チームへの登録等を呼びかけた。IMG_1268
また別会場では各種コンテストの授賞式が行われ、石川会長様より各賞受賞者方に、表彰状が手渡された。

愛媛県 菅原会長そして、最後に愛媛県老人福祉施設協議会 会長 菅原 哲雄 様より、次期開催地である愛媛県 松山市の紹介と挨拶を述べられた。

IMG_1304平成最後の開催だった本研究会議も、2日間で4,000人を超える参加者の中、盛会の内に終了しました。
開催中、全国様々な地域から来道された参加者同士、色々な交流も持てたと聞いております。これも全国大会ならでは、でありましょう。

スタッフコラ

本研究会議の開催にご尽力賜れました各委員・スタッフの皆様方、心よりお礼申し上げます。そして発表者の皆様、参加された皆様、二日間本当にお疲れ様でした。

来年は新たな元号での最初の開催となります。ぜひ来年また、松山市で会いましょう。


 広報委員 谷越
  

北海道会議 第二分科会

第二分科会です。
IMG_1481こちらは「未来とともに歩む社会福祉法人(特養)の経営」というテーマです。
ICT導入業務効率化、公的・地域資源との連携による地域貢献事業、災害や事故へのリスク管理、在宅での医療介護連携強化やケアの標準化など、地域や現場からの課題を法人組織で、時には地域を抱き込み様々な課題解決に向けた取り組みを16法人より発表されました。その中から、今回受賞した3法人の取り組みを、紹介いたします。

第二分科会の受賞研究

☆優秀賞
“特養57施設が協働で取組む入所支援
   ~共通申込システム「西多摩特養ガイド」について”

東京都西多摩地域 西多摩特養ガイド
施設長補佐 前田 卓弥 様

西多摩特養ガイド依然多くの特養待機者を抱える東京都区部と比べ、待機者の減少問題を抱える西多摩地域。この状態を打破すべき多摩地域57施設が一体となって『待機者問題』に取り組んだ。
SNS上で『西多摩特養ガイド』を設置し配信した他、確実に東京区部と西多摩地区の待機者問題への解決に一助となっている57施設共同事業の内容を報告されました。

☆奨励賞
“新調理システム導入とサービス向上への挑戦
          ~それは嚥下調整食から始まった~”
鳥取県鳥取市 鳥取福祉会 特別養護老人ホーム 若葉台
管理栄養士 小山 彰子 様 介護福祉士 岡本 美紀 様

特養 若葉台平成22年から嚥下調整食“ふんわり食”を利用者に提供し大変好評を頂いてきたが、同時に3つの課題と直面した。その調理工程の手間から朝食や個別対応の不可、給食委員会の新規取組の休止、調理技法レベルの保持と離職予防等など。
これらの課題解決を目的に、ソフト面とハード面に部門を分け、管理栄養士を軸に新設備導入を含めたシステム改革への取り組み内容を発表されました。

☆奨励賞
“夜間業務における「フの連鎖」(不安・負担・不満)の軽減
               ~ Iot機器導入による軽減と緩和 ~”
特養 敬愛荘入居者の重度化が進む中、夜間業務における“不安・負担・不満”が増加。これら3つの“フの連鎖”を生み出す要因と業務内容を調査。そこから課題解決の一因を見出し、Iot機器“眠りSCAN”を導入と職員への使用指導、入居者の個別設定による活用により、新たに設定した間接業務省力化を含めた業務内容を実践した。その結果、業務軽減と時間短縮、超勤とコール回数、事故件数の減少そして業務並びに勤務者配置の改善ができ、その内容を配信することで離職者の減と入職者の増に繋げることが出来た。これら一連の取組内容の発表でした。

審査員の講評でもありましたが、どの発表も現場の様々な課題解決に取り組み改善に導いた、優劣つけづらい程、素晴らしく聴講者にも大変参考になる内容でした。
受賞者の皆さま、本当におめでとうございました。
そして、発表された皆さまも本当にお疲れ様でした。

  広報委員 谷越

北海道会議  第一分科会

第1分科会では、「伴走型介護の追求ーQOL向上に資するケアの実践ー」をテーマに6つの分散会が行われた。

分散会①【認知症ケアの実践】
・「笑顔」をとりもどす為に【寄り添う事から始めよう】
特別養護老人ホーム・みよし苑(徳島県三好郡東みよし町)
介護福祉士  中前裕司氏
アルツハイマー型認知症を患っている方が転倒、骨折、入院をきっかけにBPSDが重度化した。もう一度以前のように笑ってほしいとご家族、職員の思いが一つとなり、「笑顔」をとりもどす為に多職種協働で取り組んだ。リハビリでの歩行訓練や主治医と相談し服薬調整するほか、介護職員が付き添えない時には事務職員や夜間早朝の宿直員も寄り添いながら多職種協働の意識が強くなった。今回の取組みでご本人の気持ちに寄り添うこと、穏やかな気持ちで接することの大切さについて改めて気付かされた。今後も「笑顔」=「やりがい」につながるよう多職種協働で取り組んでいきたい。
IMG_3102

分散会②【自立支援の実践①】
・幸せを齎す自立支援ケア指標を探る【伴走型介護×みづほ式KAIGO×価値観】
特別養護老人ホームアルメゾンみづほ(愛知県一宮市)
​主席相談員  榊原瑞恵氏
「利用者に幸せをもたらす真の自立支援とは?」に対する理解を深めるため、ICF(国際生活機能分類)を用い、これまでの活動で築き上げてきた「みづほ式KAIGO」をもとに利用者の背景因子を読み解き、参加と活動に基づく自立支援の効果を検証した。
①背景因子と日常生活状況から全利用者100名の人物像を類型化(自由奔放型、職人型、アカデミック型、人脈型、マイルーム型)。②ソフト・ハード面の支援を含めて「みづほ式KAIGO」の全メニューを参加と活動の視点から一覧化する。③類型アプローチの選択。④ケアプランの立案と実施。⑤効果の確認とフィードバック。
「その人を知る」ことは「その人の価値観を知る」ことである。価値観の満足は利用者に幸せをもたらす。また、そのサポートは心理的アプローチだけでなく、医療と介護の連携や家族との情報共有が不可欠である。これら総合的なケア指標とサポートを包括した「みづほ式KAIGO」を作成することが自分らしさを保つリズミカルな暮らしを実現可能にする。
IMG_3111

分散会③【自立支援の実践②】
・「食べて、食べて」はもうやめよう
特別養護老人ホーム エバーグリーン(岐阜県多治見市)
介護職  山田香穂氏
認知症の影響と身体機能の低下から食事が進まないご利用者様が多くいたが、全量摂取が当たり前という雰囲気があったため、食べさせないといけない、食べてくれないと次の介助に進めないというストレスを感じていた。そのため、「食べて、食べて」と言いながら無理に食事をすすめていたが、ご利用者様の年齢や体力を考えると、全量摂取や栄養バランスを重視する必要があるのかという思いも感じていた。そこで、無理なく経口摂取を維持できないか取組みを開始した。
ご家族様と相談のうえ、施設からの食事提供を中止し栄養バランス等に拘らずA様の好きな物だけを提供し始めたところ、食事摂取量、体重共に増加し元気も出るなどの良い結果が見られた。しかし、看取りケアの内部研修を通じ、「食べても体重が減っていくことは、栄養として吸収することができず、自然に最期を迎える準備段階に入っている」ということを学んだ。ご家族様のなかには、老衰が進み食べる意欲が低下し、食事を摂ることが苦痛にさえなっている事が理解できない、自分の家族が老ていくことをすぐに受け入れることができない方もいらっしゃいます。その様なご家族様とどのように向き合っていくかが今後の課題。
IMG_3108

分散会④【看取り介護の実践】
・施設での看取り介護【家族に看取られながら】
大宇陀特別養護老人ホーム ラガール(奈良県宇陀市)
介護支援専門員  生駒和樹氏
平成26年度より看取りケアを開始。開始にあたり職員の不安や看取りのマニュアル、看取りへの理解、夜間帯の対応など精神的ケアも含めて検討を行った。「死」とは病院で迎えるものであるとの考え方も根強く家族の理解を得るのも難しい状況であったが、国の方針や職員の「最期は家族に看取られて頂きたい」との思いもあり、家族も含めて多職種間で意見交換や検討を行った。利用者は最期まで希望を持っているものです。安易な慰めや嘘は絶対にいけません。最後まで利用者の人生に寄り添い、見送ることは相手への敬意と感謝を示す介護職ならではの手段です。開始当初は「どう対応すれば良いかわからない」「何をすれば良いかわからない」「誰かがやってくれるだろう」などの意見も出ていたが、実際に看取りを終えた後のカンファレンスでは「もっと寄り添っていれば」「髭剃りをしてあげていれば」「お風呂に入って頂いておれば」などの「◯◯しておけばよかった」という意見が数多く聞かれた。看取りケアに対する不安は消えるものではないが、この様な反省を積み重ねながら利用者のニーズに応えられるケアを施設全体で目指していきたい。
IMG_3114

分散会⑤【医行為・機能訓練の実践】
・抱えない生活介護で寝たきり生活からの脱却【待つ介護でノーリフティングケアを実践した取組み】
特別養護老人ホーム 松屋茶論(大阪府堺市松屋町)
理学療法士  豊永一樹氏
特別養護老人ホームに入居されている方々は、年齢と共に身体機能や生活レベルが低下し、加療入院後に帰所されるとレベルダウンするのは仕方ないと心のどこかで思っていた。そんな中、抱えない介護を理念に掲げ、生活介護場面でノーリフティングケアを推進していくと、入居者様が機能回復し生活レベルが向上する複数名の方々に出会うことができた。症例紹介では、要介護度5から3へ改善し、肉体的介護負担が激減。完全寝たきりであった方がご自身で館内を移動され、中庭の生花を見て触ることが出来るようになったと報告。残された力を最大限に活用していただくため、過介護にならない「待つ」ことの大切さ。できることを奪わない相手の視点に合わせた介護でADLが向上し、職員の介護負担を軽減することにつながる。
IMG_3120

分散会⑥【口腔ケアの実践】
​・誤嚥性肺炎ゼロに向けての口腔ケアの取組み【誤嚥性肺炎ゼロプロジェクト】
特別養護老人ホーム マナハウス(福岡県福岡市西区)
介護職員  内山遥氏
誤嚥性肺炎が入居者を苦しめ、入院により施設の収入は減少するなど膨大な入院医療費を発生させていた。しかし、誤嚥性肺炎が多いという認識はあったものの、その実態は不明であった。また、適切な口腔ケアで誤嚥性肺炎の予防も可能であるが、多忙な介護業務の中でも実施可能かつ効果的な口腔ケアの進め方に頭を悩ませていた。そのような状況を改善すべく、当施設をはじめ多くの介護施設がグループの垣根を超え集結し、誤嚥性肺炎ゼロを目標に口腔ケアに取り組んでいる。当施設では、平成29年8月に口腔ケアを開始し、1年で入院日数が36%に減少した。
具体的な取組みとして、①肺炎による入院日数の調査 ②誰でも簡単に行える口腔ケアマニュアルの作成 ③誤嚥性肺炎ゼロに向けて口腔ケアの実施に取り組んだ。
今後も誤嚥性肺炎ゼロを目標に口腔ケアを継続し、誤嚥性肺炎ゼロプロジェクトの参加を募り肺炎減少効果のエビデンスを蓄積させていく、口腔ケアを科学的介護として確率していく、大幅な医療費削減を通じて社会貢献を目指す。また、介護職の労働環境の改善など、介護職の社会的地位の向上を目指して働きかけていきたい。
IMG_3105


*・゜゚・*:.。..。.:*優秀賞発表・'*:.。. .。.:*・゜゚・*
分散会①
⭐️最優秀賞
・銭のことだが、、、さて、どがんすると良かろうかな?【A氏の隠された想いや願いを考える】
総合ケアセンターたいめい苑(熊本県玉名市)
介護支援専門員  中園修二氏
🍀奨励賞
・認知症予防カフェの運営について【地域に根ざした特養となる為に】
特別養護老人ホーム せせらぎのさと蔵王(宮崎県刈田群蔵王町)
地域連携室室長  松崎道代氏
・乳児型抱き人形を使ったケアの実践【認知症ケアの視点から考察】
特別養護老人ホーム 神明園(東京都羽村市)
介護職員  飯島和枝氏

分散会②
⭐️最優秀賞
・支え合う自立支援への歩み
老人デイサービスセンターかたふち村(長崎県長崎市)
介護職員  中尾真紀
🍀奨励賞
・食の喜びに満ちた毎日を【KTバランスチャートの活用と成果】
特別養護老人ホーム 福寿園(石川県白山市)
管理栄養士  神田さくら氏
・足上げ半端ねぇ〜【洋式トイレは便秘を生んでいたのか!?】
特別養護老人ホーム みかんの丘(熊本県熊本市)
特養主任  山田優氏

分散会③
⭐️最優秀賞
・孫へ愛情が「できる!」に変わる【結婚式出席までの取り組み】
特別養護老人ホーム 函館共愛会愛泉寮(北海道函館市)
介護副主任  澤田翼氏
🍀奨励賞
・立つ・歩く・元気になる【歩行の向上がQOLの向上につながる】
特別養護老人ホーム みかんの丘(熊本県熊本市)
介護職員 塚本健太郎氏
・本当の寄り添う自立支援ケアとは【自立支援ケアの取組みを通して学んだこと】
特別養護老人ホーム 会津みどりホーム(福島県会津若松市)
介護系グループ長  高橋智宏氏

分散会④
⭐️最優秀賞
・認知症の人が最期までおいしく食べるために【多職種で取り組むアセスメントポイント】
特別養護老人ホーム かたふち村(長崎県長崎市)
管理栄養士  山田由貴氏
🍀奨励賞
・さいごまで「おいしく」食べる看取りケア【多職種協働で作る栄養ケアチームの取組み】
特別養護老人ホーム 芦別慈恵園(北海道芦別市)
管理栄養士  村上由佳氏
・特別養護老人ホームにおける看取り実践と課題【これまでの歩みを振り返る】
特別養護老人ホーム たいせつの郷(北海道旭川市)
看護師  今野由香里氏

分散会⑤
⭐️最優秀賞
・特養が自立支援のためにやるべきこと【車いすシーティングによる不良姿勢の改善と福祉用具を活用した移乗ケア
特別養護老人ホーム 正寿園(青森県青森市)
機能訓練指導員  丸山拓郎氏
🍀奨励賞
・肺炎予防への取り組み【要介護者を取り巻く環境と肺炎の関連性について】
特別養護老人ホーム マイネスハウス(福岡県糸島市)
生活相談員  菅沼亮太
・入浴移乗ボードの導入プロセスにみる「持ち上げない介護」の推進による効果【巻き起こせ!介護イノベーション】
特別養護老人ホーム 砧ホーム(東京都世田谷区)
介護職員  三浦好顕氏

分散会⑥
⭐️最優秀賞
・誤嚥性肺炎ゼロに向けての口腔ケアの取り組み【誤嚥性肺炎ゼロプロジェクト】
特別養護老人ホーム マナハウス(福岡県福岡市)
介護職員  内山遥氏
🍀奨励賞
・お口のケアで活き活き人生!【デイサービスセンターにおける口腔ケアの効果と可能性】
白寿園デイサービスセンター(熊本県荒尾市)
介護職員  西香菜氏
・初めの一歩【食べることが楽しくなったよ】
特別養護老人ホーム 玉の緒(埼玉県熊谷市)
介護職員  横田梨緒氏


広報委員  田中





記事検索
プロフィール

roushikyo_hokkaido

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ